消え残るアクアマリン

清水レモン

よく来たな?

 階段を登り切ると校庭だった。校庭?
 いちめんの土、黒いというより赤くて茶色い。校庭の向こうに崖そびえ、はげ山のよう。
 耳をすませばパラパラと落石のような音の気配。石というよりは土の塊かな。
 校庭を囲むように校舎、それと体育館かな。ひとつだけ、ひときわ赤い曲線の建物。
 
 「おー。よく来たなー?」

 と声がしたので顔を向けると、さっきとは別の背の高い紳士。すらりとした身長の高さが上品さをたたえている。が、その目線は容赦なく鋭く感じられる。

 さっきとは逆。こちらの先生は殺気まる出しかよ?
 
 言葉こそ丁寧で優しい響きだが、うっかり近づきすぎると胴体真横にまっぷたつ。斬られる!
 そう思った。
 おそるおそる歩み寄れば、先生の前には数人の…生徒たち、受験生か。だろうな、だよな?

 「じゃあひとまず行くかー。こっち、ついてこーぃ」

 ぎろり睨まれながら返事をするのを忘れてうなずいてしまう、あわてて「はい」と答えたが。
 
 「うん。靴そのままでいいからなー。気にするなー。こーぃ」

 と言う先生と目が合った。

 ほんの一瞬だけ、口元だけでなく目も笑って見えた。
 まるでなんていうか、こちらの弱点を見抜いたかのような笑み。
 こ、これは、まさかのまさかで…

 すでにもう、なにか見破られてしまっている?

 おれは愕然とした。
 入学試験の緊張?
 そんなの感じてる場合ではなかった。おれには命のやりとりのような気迫に思えてしまったから。

 「いいか、かたくなるなよ、かたくならなくていいからな?
  リラックス超リラックスでいい。とにかく今日は、よく来たなー」

 シャキッとした背中、丸出しの殺気。対照的なだらけたセリフ。
 おれは数人の受験生を観察する。誰も歩き出さない。それなら。

 おれが一歩、先生に近づく。
 すでにもう歩き始めていた紳士は気配を察したのだろうか、容赦なく歩き進んでいく。艶やかに輝く革靴のまま下駄箱から廊下へと移動。いいんだよな本当に?
 土足であがる廊下。おそるおそる足を運ぶ。
 紳士の後ろ姿を見失うのをおそれ、おれは少し急いだ。

コメント

コメントを書く

「文学」の人気作品

書籍化作品