消え残るアクアマリン

清水レモン

別世界

 鏡の中は別世界。
 同じように見えて逆だから。
 なにもかも、さかさま。なのに自然に感じられる。
 むしろ鏡の中の世界を信じ込んでしまうひとだっているだろう?

 いつになく、くっきりとした輪郭で描かれている瞳だな。
 おれがおれを見る、見れば見るほど凝視となり、観察を強めれば強めるだけ自分自身が反対に観察されていく。
 鏡を見つめてこんなに見透かされるのは、めったにない。
 もしかすると、これが…緊張なのかな。と思った瞬間。

 「あ」
 
 と声。

コメント

コメントを書く

「文学」の人気作品

書籍化作品