妖怪村の異類婚姻譚-失せ物さがし-

ノベルバユーザー613549

13.

 乙彦は気だるげに目をそらした。そこでようやく、小姫は彼が動かないのではなく、動けないことに気づく。

「乙彦……?」
 慌てて側によってしゃがみこむ。洞窟の外から入るほのかな明かりで、うっすらと乙彦の体が浮かび上がった。

「こっちに……、来てはいけないのです……!」

 着物で隠れてよく見えないが、足か腕、または両方とも折れているのかもしれない。しかも、着物ににじんだ血の量はかなりのものだ。荒い呼吸を繰り返し、ときおりうめき声を押し殺している。

「まさか……」

 小姫が崖から落ちても大した怪我がなかったのは、乙彦がかばったせいだったのか。
 愕然がくぜんとする小姫から傷を隠すように、乙彦は体をずらした。そして、追い払うように左腕を振った。

「もう、あなたの体を補うほどの妖力も私にはない。その花をもって、さっさと家に帰るのです。……私も、これで、思い残すことはなくなった……」

 小姫は乙彦の傷に視線を移す。
 思い残すことはないと言いながら、小姫の左足は消えていない。小姫が山を抜けるまで、力を注ぎ続けるつもりなのか。

 自分の命が尽きるとしても。

「……その傷、妖力があれば治せるの?」
「ヒメ。だから――」
「ごめん。私……、そんなに、乙彦が苦しんでるなんて知らなかった。お母さんの娘なのに、何にもしていなかった。もう、跡継ぎじゃないからって、妖怪のこと、何も知ろうとしなかった。……何ができるかわからないけど、これから、頑張るから……!」

 小姫は、白い花を彼の胸に強く押し付けた。花弁が淡く光り始め、次第に輝きを増していく。
 乙彦が驚きに目を見張る。

「何を……!」
「この花の力、先に使って」

 彼は、静かに終わりを迎えたいのかもしれない。これ以上、人間に関わりたくないのかもしれない。
 だが、小姫はそんな気持ちのまま、乙彦を死なせたくはないと思ってしまった。

(私は、乙彦の次でいい。花の力が残るかは、わからないけど……)

 乙彦は慌てて、まだ動く左手で小姫を引き寄せた。力の向かう先を変えようというのだろうか、花もろとも小姫の体を抱きしめる。

「――ヒメ。私は――……!」

 光に包まれ、乙彦の声も小姫の声も聞こえなくなる。
 お互いのことも見えなくなって――……。

「妖怪村の異類婚姻譚-失せ物さがし-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く