わたくし生け贄令嬢ですが、なにか? ~愛する王子に婚約破棄されたら、呪われて永遠を生きる最強魔術師を救ってしました~

新 星緒

おまけのお話 精霊王たちはヒマを持てあましている

(クヴェレ様のお話です)

 ひょいと出現してやる。今まさにキスをしようとしている、リリアナと魔術師のすぐそばに。
「ファーストキスをするには、いささか色気がなさすぎる場所ではないかと我は思うぞ」

 言い終える前にふたりは盛大にびくりとして、離れた。
 我を真っ赤な顔でにらみつける魔術師。

「どうして、いつもいつも邪魔をするんだ! クヴェレ様のせいで、こんなところになっているんじゃないか」
「我の通り道にそなたらがおるのぞ」
「嘘つけ! クヴェレ様、欲求不満か! 可愛い彼女だか彼氏だかを作れ!」

「確かに彼は欲求不満ではあるな」
 そんな声と共にテッラが我の隣に現れた。
「久方ぶりの愛し子と、遊びたくて仕方ないんだ」
「そうではないぞ、テッラ。我は、魔術師をからかうのが楽しくて仕方がないだけぞ」
「――だそうだ」

 魔術師はプルプルと震え、優しいリリアナが宥める。良い図ではないか。ふたりの親睦を深めるにも丁度よいと思うぞよ。
 と、リリアナがテッラを見る。
「ひとつ、お尋ねしたいのですが」
「なんだ?」
「愛し子は辞めることができるのでしょうか」
「リリアナ!?」

 リリアナは我を見て、首をかしげる。
「わたくしが不勉強なことがいけないのですけど、よく考えたら期間などの詳しい説明を受けておりませんの」
「なるほど」テッラが笑う。
 いや、笑い事ではないぞよ!
「愛し子は精霊王側から間柄を解除することができない」
「そうですの」肩を落とすリリアナ。「あんまりエドに意地悪をするのなら、辞めさせていただくしかないと思ったのですけど……」

 リリアナの目は悲しげだ。

「……わかったぞよ。愛し子に辛い思いをさせるなど、精霊王のしてはならないこと。改めるとしようぞ」
 ぱっと顔を輝かせるリリアナ。
「ありがとうございます!」
「うむ」
 だが魔術師は、疑い深い目を我に向けている。可愛くないぞよ。

「魔術師よ、そう疑うな」とテッラが笑う。「クヴェレは私が連れて行く。これから精霊王の集まりでな」
「我が集合をかけたのぞ」
「愛し子の自慢をするためにな」
「よいではないか。みなとて、我らを見ることのできる人間がまだいたと知ったら、驚くぞよ」
『まあな』と応じたテッラは、我の襟首を掴んだ。

「なにをする。我は猫ではない」
 くすり、と笑うリリアナ。
「ではな、人の子。しばらく留守にするから、泉のもとで存分に楽しむがいい」
 テッラは我を無視して彼女たちにそう告げると、返事も待たずに移動した。

 集いの場に出る。
「テッラ、ひどいぞよ」
「待たせてる」

 テッラの視線をたどると、たしかに精霊王の円卓にはすでに、火のフォーコと風のウェントスがついていた。
「遅いぞ」とフォーコが不機嫌に言う。
「クヴェレのせいだ。遊んでいるから」とテッラ。
「ふふん、皆の者、聞くがよい。我は愛し子を持ったのよ」
「へえ」とフォーコ。

 ――おかしいぞよ。思っていたほど、驚かない。

「千年を経て、俺らを認識できる人間が増えてきたのか?」とフォーコ。「ウエントスもなんだよな」
「なんと!」
 ウエントスを見ると、彼奴きゃつはおもむろに頷いた。
「ええ。つい最近、五年ほど前ですが」
「クヴェレよりは前だな」とテッラ。

 むむむ。

「しかも、魔法が使えるんだってさ」
「それは、すごい。クヴェレの愛し子と一緒だな」とテッラが我の代わりに勝手に教える。「ついでにこっちは、あの・・魔術師もセットだ」
「へえ。それは、また」
 と言ってフォーコとウエントスは顔を見合わせた。

「魔術師は、悪いヤツではないぞよ。かつては愚かな面もあったかもしれぬが、今は反省して頑張っておる」
 クッとテッラが笑う。
「……なにかおかしいのかの?」
「いや。クヴェレは相変わらずだなと思っただけだ」
「失礼ぞよ」

 テッラをほうっておいて、席に着く。空いているのは、残り三席。だが彼奴はわざわざ我のとなりにすわった。そなたとて、淋しん坊ではないか。

「して、ウエントスの愛し子はどこで魔法を学んだのぞ?」
「独学です。遺跡から魔法書を発掘したそうで――」
「字が読めぬだろう」とテッラが遮って疑問を呈する。
「それは私が教えました」
「ていうかさ」とフォーコ。「これ、魔法復活の兆しじゃないか? クヴェレ、魔術師に伝道師をやらせろ」
「嫌がると思うぞよ。千年が経っても、あやつはまだ魔術師狩りに傷ついている」
「だな」とテッラが同意してくれる。
「では私の愛し子との交流はどうでしょう。彼女はひとりで苦労しておりますゆえ、師がいれば助かるはずです」

 交流。あの魔術師は、面倒がりそうに思えるが、リリアナは喜ぶであろう。

「そなたの意見は伝えるぞよ。どのような答えが返ってくるかは、わからぬよ」
「だが、いいな」とテッラが呟く。「魔法がふたたび日常的なものになれば、私たちの退屈は解消される」
「愛し子がいれば、俺らの世界は煌めくな」とフォーコ。
「妖精たちも愛し子の存在に喜び、魔法の復活にやりがいを感じております」

 王たちの意見も気持ちも、よくわかる。我もこの千年、つまらぬと感じておったのだからの。
「……わかったぞよ。魔術師を説得しようぞ。だが期待はしてくれるな。我は第一に、愛し子とその伴侶を守る」
「当然だ。それができぬものは精霊王の資格はない。――あ」

 テッラが己の失言に気づいたようで、気まずげに口を閉じだ。

 ふと、あのリリアナならばルクスも起こしてくれるのではなかろうか、と思いつく。
 もしそうなったならば――
 
 いやいや。リリアナと魔術師は今、いちゃいちゃするのに忙しいぞよ。あれもこれもと頼むのは、可哀想というもの。我ももっと邪魔をして遊びたいしの。

「ところで、クヴェレ」とフォーコ。「なんで俺らは集められたんだ?」
「むろん。愛し子を自慢するためぞ」

 テッラが肩をすくめ、フォーコは『なんだよ』と興味が失せたように呟く。ウエントスだけが、
「それならば、私も」と身を乗り出した。
「待つぞよ、まずは我のリリアナからぞ。彼女は美しい心根を持つだけでなく、非常に強く賢いぞよ。というのも――」



《おわり》

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品