わたくし生け贄令嬢ですが、なにか? ~愛する王子に婚約破棄されたら、呪われて永遠を生きる最強魔術師を救ってしました~

新 星緒

19・1 クヴェレ様がお友達を連れてきましたが

「おめでとう」

 突然クヴェレ様の声が背後でした。振り返るとたくさんの精霊に囲まれて、クヴェレ様ともうひとり、見知らぬ方が立っていた。ダークブラウンの波打つ長髪にやや浅黒い肌。黒曜石のような瞳。そして性別不明で目をみはるほどの美貌。きっと地の精霊王テッラ様だわ。

 ふたりに向かい膝を折り頭を下げる。
「祝福をありがとうございます」
 エドとわたくしの声が重なる。
「うむ」とクヴェレ様。「こちらは地の精霊王テッラだ」
「お会いできて光栄です」またもエドとわたくしの声が重なる。

「面を上げよ。――テッラ。この娘が我の愛し子リリアナぞ」とクヴェレ様。心なしか声が弾んでいる。「この男はわかるな。魔術師だ。実物と対面するのは初めてか」
「うむ」
「後ろにいるのが、ナイフ、スプーン、フォーク」
「見ればわかる。胸元に体の元がついているではないか。名付けのセンスがないにもほどがある」
「……わかりやすくて良い名ですぞ」遠慮がちにナイフが言えば、
「そうそう!」とフォーク、
「気に入っているもの」とスプーン。

「そうか。余計なことを言ったか」
 テッラの言葉に、背後でカトラリーたちがうなずいている気配がする。彼らは本当にエドが大好きなのよね!

「実はのう」とクヴェレ様。「昨日は言わなんだが、魔術師の呪いが解けるかもしれぬ方法がひとつある」
「ええっ!」
「このテッラの力を借りる」
「ではまた愛し子に?」わたくしが尋ねると、
「いや、必要ない」とテッラ様が答えた。「私は場に連れて行くだけ。対応するのはお前たちだ」

 エドと顔を見合わせる。

「魔術師の呪いは、掛けた本人が贄になっておる」とクヴェレ様。「しかも途方もなく強力な術ゆえ、通常とは異なる仕組みでの」
 テッラ様がうなずく。
「あの術者は現在もお前に取り憑き、呪い続けているのだ」
「取り憑いている!?」
 エドが素っ頓狂な声を上げ、カトラリーたちは悲鳴を上げてエドを取り囲んだ。

「探しても見えぬぞ」とクヴェレ様。「狭間はざまよ」
「《狭間》?」とエドが繰り返す。
「そう」とテッラ様。
「どういうことですか?」尋ねるわたくし。
「この呪いによって、お前の一部分が《狭間》にある」
 途端にエドの体を確認するカトラリーたち。

「目に見える箇所ではない。私もあれがなんなのかはわからないのだがな。生命の具現化ではなかろうか。お前のような形をしてはいるが、ぼんやりと白く光っている。そうさな、ヒト型のランプと言えば、近いかもしれぬ。そこにあの術者が絡みつき、いまだ呪詛を吐いているのだ」
「……彼も生きているのか……!」
 エドの顔が青ざめている。

「あれをそう言っていいものかは、わからん」
 ギュッと目をつむるエド。
「あれから千年以上、経っているんだぞ……!」
 絞り出すような声。
 その手を取り、強く握りしめた。

「恐らくは、術者が離れれば呪いは解ける。だが確証がある訳ではない」とテッラ様。「同じ呪いを一度だけ見た。そのときが、そうだった」
「一度……」とスプーンが呟く。
「一度でも、前例があるのは心強いわ。ものすごい前進じゃない?」
「そうだな」エドが目を開き、私を見る。
「そうよ!」テッラ様を見る。「どうやって離れてもらえばいいのですか」
「殺すしかあるまい」

「こ……!」
 思わず絶句してエドを見る。
「もう人とは言えぬよ。呪いが形になっているだけのもの」クヴェレ様が優しい声音で言う。
「覚悟はないか」とテッラ様。
「あります」エドが静かに答える。
「いや、お前は行かぬほうがいい」とテッラ様が制した。「あの光とお前とが同じ空間に存在したら、なにが起こるかわからぬ」
「でも《狭間》ですよね? いつも通っています」
「一瞬な。それに離れた場所だ」
「それなら、わたくしですね」

 テッラ様はうなずき、エドは
「リリアナには、そんなことはさせられない!」と叫ぶ。
「わたくしは、やりたいわ。エドの呪いを解きたいの」
「だが――」
「わたくしが死んだあと、エドがまた孤独になるのは嫌なの。一緒に年齢を重ねたいとも思う。だから任せて」

 エドが辛そうに顔を歪める。

「心配しないで」とフォーク。
「私たちが行くわ」とスプーン。
「リリアナは魔術師様についていてあげてくだされ」とナイフ。
 三人は胸を張っている。けれど表情は強張っているし、ナイフは胸に当てた手が震えていた。

「四人で行くがよい。魔術師は我が見ておる」クヴェレ様が言う。「我らは力は貸せぬ」
「リリアナはクヴェレ様の愛し子なのに?」スプーンが尋ねる。
「《狭間》に精霊王は行けぬ。可能なのはテッラのみ」 

 そういえば、ガエターノ殿下の専属部隊を戻すのは、クヴェレ様にはできないとの話だったわね。

「こちらから援護も不可能」とクヴェレ様。「だがあの術者は、やすやす殺されるようなヤツではあらぬだろうからな」
「危険ではないのですか」尋ねたのはエド。悲痛な声をしている。
「危険ではある」クヴェレ様が答える。「だが危なければこちらに戻す。――だな?」
 うなずくテッラ様。「見守っているから安心しろ」

「それなら心強いです」
 テッラ様の表情が崩れた。仕方なさそうな笑みに見える。
「『久方ぶりの愛し子なのだ』と、クヴェレが阿呆のように喜んでいるからな。万全を期す」
「阿呆とは失礼ぞ」とクヴェレ様。「テッラは羨ましがったではないか」

 ふたりの精霊王は楽しそうに言い合っている。
 エドはまだ不安そうな顔だ。

「大丈夫、精霊王様がああ仰っているのだもの」
「危険もそうだが、殺すんだぞ? リリアナの手を汚させたくない」

 まだ繋いでいるわたくしの手を見る。それからエドを。

「エドの呪いが解けるなら、誇りある汚れだわ」
 渾身の力を込めて、彼が安心できるように微笑む。
「だから、わたくしに任せて」

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品