わたくし生け贄令嬢ですが、なにか? ~愛する王子に婚約破棄されたら、呪われて永遠を生きる最強魔術師を救ってしました~

新 星緒

12・1 案内されたのですが

 屋敷の外に出ると、降り注ぐ強い日差しに思わず目を細めた。今は正午くらいかしら。

「ここへ来てずいぶん時間が経ったと思ったけれど、まだほんの少しだったのね」
「なにを言っているのよ、リリアナ」スプーンが呆れたような声を出す。「あなたが来たのは昨日。一日半が過ぎたのよ」
「まあ」

 気づかなかった。いつの間に夜があったのかしら。

「集中しすぎ」とスプーン。「外で見ると顔色がよくないわね。精霊たちは気分転換をしろと言いたいのかも」
 彼らはわたくしを振り返りながら、進んでいる。
「あなたが倒れたら魔術師様は悲しむんだから。無茶はダメよ」
「無理をしているつもりはないけど、そうね、気をつけるわ」

 精霊たちの後をついて進む。もしこれがただの気分転換だったら、わたくしはきっとガッカリしてしまう。でもそれだけ疲れて見えるということなのだろうから、ガッカリなんてしないで、彼らには笑顔でお礼を言わないといけない。
 だけどできることなら、この外出がエドの状態が良くなるためのものでありますように。


 ◇◇


 精霊たちに連れて行かれたのは、エドとピクニックをした泉だった。やはり休息をしろということなのかも。失望が、表に出ないよう気をつけないといけないわ。
 内心はどうあれ彼らの心遣いに礼を言おうと、辺りをふわふわと飛び回る精霊たちを見る。

「リリアナ!」スプーンが鋭く叫び、ガウンの袖を引っ張った。「泉を見て!」
「どうしたの?」
 問いかけながら、そちらに目をやる。すると、泉の中心の水面が小さく虹色に輝いていた。
「あれはなに?」
「わからないわ。こんなのは初めて見る」
 精霊たちが泉の上で輪を作り始めた。ふわふわと一定方向に回っている。

 輝きは瞬く間に泉全体に広がった。
 その直後、水面の上に人の姿が現れた。
 いえ、人ではないみたい。背中に精霊たちと同じ、かげろうのような羽根が二対ある。
 長い銀の髪は水色に光っているように見え、 古いにしえの人々が着ていた袖のない貫頭衣をまとっている。手には細く長いつえ。お顔は神々しいほどの美しさ。だけど男性なのか女性なのかはわからない。

 きっと精霊王に違いないわ。

 膝を折り、頭を下げる。
「――人の子よ」
 鈴が転がるような、美しい声。はい、と応える。
「名は?」
「リリアナ・バジェットと申します」
「そうであった。我は水の精霊王クヴェレ。知っておるかな?」
『水の』ということは精霊王は複数いるのかもしれない。

「存じ上げません。どうか無知をお許しください」
 クヴェレ様がほう、と息を吐く。
「怒りはせぬ。人の世から魔法が絶えて久しい。我らを見ることができる者も、いなくなった。――リリアナ、顔を上げて構わぬ。そちらのスプーンも」
 顔を上げる。と、クヴェレ様と目が合った。瞳が濃い青色をしている。

「リリアナ。そなたには素質があるようだ」
「魔術師の、でしょうか」
「それもある」とクヴェレ様。「だが我が言うているのは、『愛し子』のだ」
 驚き、思わずスプーンと顔を見合わせる。彼女もびっくりしているようで、目を見開いている。
「精霊たちがそなたを気にいっておるからな」とクヴェレ様。「しこうして昨日から、助けてやってほしいとうるさいのだ」

 いつの間にか輪を解いた精霊たちが、クヴェレ様のまわりをふわりふわりと飛んでいる。

「このまま回復魔法を続けたならば、そなたの命は七日も持たぬであろう」
 スプーンが短い悲鳴を上げた。
「魔術師のほうは永遠に苦しみ続ける。死ぬことができぬゆえに」
「そんな!」

 両膝を地面につき、頭を深く下げる。
「クヴェレ様。どうぞエドを助ける方法をお教えくださいませ。可能ならば、わたくしの命を損なうことのない方法を」
 エドを本当の意味で助けるためには、わたくしが死んでしまってはいけないもの。
「どうぞお願いいたします」
「お願いしますっ!」スプーンが叫んで地面に平伏叩頭した。「魔術師様とリリアナを助けてください! なんでもします! なんでもしますから……」

 スプーンからすすり泣く声が聞こえる。顔を上げて彼女の肩を抱く。
 エドが永遠に苦しむなんて、身の毛がよだつほど恐ろしい。だけれどきっと大丈夫。クヴェレ様にはきっとなにか方策がある。だからわたくしを呼び寄せたに違いないもの。不可能ならばわざわざ精霊たちに道案内をさせたり、わたくしに姿を見せたりしないと思うの。

 精霊王の美しいお顔を見上げると、彼はまたもほう、とため息をついた。
「そなたは賢いのか愚かなのか。弱いのか強いのか」とクヴェレ様。
「賢く強くありたいと常に考えておりますが、理想にはまだ遠く及びません」スプーンの肩をそっと抱き寄せる。彼の目に見えるように。「クヴェレ様。友を悲しませたくもありません。どうぞ、エドを助ける方法をお教えください」

「こなたは」とクヴェレ様がスプーンを見る。「『助けてくれ』と言い、そなたは『教えろ』と言う。魔術師の弟子ですらない段階で、ずいぶんと己に自信があるのだな」
「……気づきませんでした。深く考えての言葉ではございません」
「そうでなければ、魔術師を助けるのは己でありたいという願望か」
 精霊王が目を弓のように細める。笑っているようだ。

 ドキリとする。そうなのかしら。エドの危機だというのに、わたくしにそんな傲慢な思いがあるというの? だとしても、今はそんなことに囚われているときではないわ。

「クヴェレ様。わたくしの願いはエドの病が癒えることです」
 スプーンが『私も』と細い声で言い添える。
 クヴェレ様はうなずいた。
「精霊たちの望みは、そなたを助けることよ。ゆえにそなたの願いを叶えよう。ただし」彼は杖の先端をわたくしに向けた。「そなたには我の愛し子になってもらう」

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品