わたくし生け贄令嬢ですが、なにか? ~愛する王子に婚約破棄されたら、呪われて永遠を生きる最強魔術師を救ってしました~

新 星緒

9・1 都でがんばることにしたのですが

 都に戻ってから瞬く間に一ヶ月が過ぎた。このあいだに、流行り病にかかったガエターノ殿下が静養のために山間の離宮へと転居した。だけどそこは離宮とは名ばかりの、問題を起こした王族を閉じ込めるための場所らしい。
 それからガエターノ様の恋人ハンナ様は、勘当されて男爵家を追い出されたみたい。

 ふたりのことは社交界で大きな噂になっているという。おまけでわたくしも。でも、どうでもいいわ。わたくしにはもう、過ぎたことだもの。

 そんな些事よりも、わたくしには大切なお仕事がある。王妃様のご公務のお手伝い。留守を預かっていたときの延長線上なので、難しいことではない。今はこの仕事に尽力して、一刻も早く疫病の流行を収束させるのよ。
 幸いなことに、その見込みはある。先月に開発された薬にかなりの効果があるようで、それを投薬したら病が癒えたとの知らせが、各地から上がってくるようになったのよね。

 そして。疫病流行が収まったら、それを伝えにエドに会いに行く。

 生け贄になった原因の報告だもの。エドのもとを訪れる立派な理由になるはずだわ。エドだって一時的に報告に来るくらいなら、帰れなんて言わないわよね?

 エドへの気持ちがなんなのかは、自分でもよくわからない。感謝からの恩返し、友情、同情、それとも恋。
 恋だったら、少し怖い。ガエターノ様のことを鑑みるに、わたくしはたぶん恋が下手だから。エドとはずっと良い関係であり続けたい……。


 ◇◇


 ――頬がくすぐったい。
 そう感じて意識が浮上する。
 バジェット邸の自室。だいぶ前にベッドに入ったから、もう深い時間のはず。
 虫でも飛んでいるのかしら。

 目を開ける。と月明かりの中、わたくしの顔を覗き込む精霊たちの姿があった。わたくしは呼んでいないのに。
「まあ。どうしたの?」
 それには答えず、彼らは窓辺に向けて飛んで行く。半身を起こし、姿を目で追う。
 と、彼らの行く先の窓の外に、竜の頭に乗ったスプーンがいた。

「ああ、良かった、起きた!」懐かしいスプーンの声。「窓を割るしかないのかと思ったわ。リリアナ! お願いがあるのよ!」
 急いでベッドから降りて窓に駆け寄る。だけど鍵の開け方がわからない。
「お嬢様ねえ」と苦笑するスプーン。
「いったいどうしたの? なにがあったの?」
 窓越しに尋ねる。

 よくわからないけど、スプーンがひとりで竜に乗ってわたくしに会いにくるなんて、尋常ではないことのような気がする。胸の内がざわざわとし、エドになにかあったのではと悪い考えが浮かんでしまう。

 ようやくガチャリと手ごたえがあった。鍵があいた。窓を大きく開く。とても重いけれど、そんなことを言っている場合ではない。気が逸る。

「スプーン、エドは?」
「リリアナ、私と一緒に来てほしいの」

 彼女とわたくしの声が重なる。

「エドになにかあったの?」
 うなずくスプーン。
「魔術師様は死ぬことはないからって無茶をしてしまって。ひどい状態でここ数日、ずっと熱に浮かされているのよ。見ていられないわ」 
 なんていうこと! エドが!
「すぐに行くわ。少し待てるかしら。お父様に話してくる」

 スプーンの了承の返事を聞いて、すぐに部屋を飛び出す。
 窓から入る月明かりを頼りに、廊下を走る。お父様の寝室に行くのなんて初めて。しかも連絡もなしでだなんて。だけど礼儀作法を重んじている場合ではないわ。
 誰に見咎められることもなく寝室に辿りつき、扉を開けて中に飛び込む。壁ぎわに天蓋つき寝台がある。

「お父様!」
 駆け寄ると、眠っていたお父様が目を開いた。
「……リリアナか?」
「お父様! わたしは出かけてまいります。エドの元へ。具合が悪いらしいの!」
「……具合……」
 呟きながら起き上がるお父様。

「そうなの。高熱で大変だと、今スプーンが知らせに来て」
「なにで? 魔法か?」
「竜よ」
「存在するのか!」
「災厄の竜ではないわ。エドが魔法で作り出すの。十日ほどで自然に消えてしまうのよ。――とにかく、わたくしは竜に乗ってエドの元に向かいます。帰りがいつになるかわからないけれど。王妃様に、仕事の補佐ができないことを謝罪していたと、伝えてくださいな」

『では』と踵を返そうとして、
「待ちなさい」
 と腕を掴まれた。
「ごめんなさい、行かせてください」
「もちろんだとも。行くのは構わぬ。だがリリアナ。まずは落ち着きなさい」

 お父様は優しくわたくしを促して、ベッドに腰掛けさせた。わたくしの両手を自分の手で包み込むようにしてくれる。

「魔術師様は何故ご病気になられた」
「わからないわ。まだ聞いていないの」
 ふむ、とお父様。
「リリアナ。あの方はずいぶんとお前を愛しているようだ」
「……ええ」
 頬がほんのりと熱い。

「彼の屋敷でリリアナがカトラリーたちに挨拶に行っている間、彼とお前のことを話した」
「どんなことを?」
「内容は教えられぬ。そのように約束をしたからな。ひとつだけ言えることは、彼はリリアナの幸せを強く望んでいたということだ。もしかすれば、今回のご病気はそのことに関係するのかもしれない。彼の元へ行くのなら、きちんと話を聞いたほうがいい」
「わかったわ。お父様、ありがとう」

 お父様はなにも答えずに、微笑んだ。


 ◇◇


 お父様に、寝間着で出掛けてはならぬと叱られた。だけれど自分ではペチコートのしまい場所すらわからない。メイドを起こして竜を見られるのも都合が悪い。
 結局お父様が自分のガウンをわたくしに着せて、きっちりベルトを締めてくれた。

 お父様と一緒にわたくしの寝室に戻る。するとスプーンがひとりで窓辺に腰掛けていた。
「お待たせ。竜は?」
「屋根で待ってもらっている。人目につかないほうがいいかなと思って」
 そう答えたスプーンが外に身を乗り出して、ピーッと指笛を吹いた。
 間を置いてから、バサリバサリと羽ばたく音がして竜が現れた。となりに立つお父様が息を呑む。
 窓いっぱいに見える顔から、その巨大な体躯が知れようというもの。

「これが魔法の産物なのか?」と驚いているお父様。
「ええ」とスプーンが答える。「あと三日ほどで自然に消えるのです、公爵閣下。――だから魔術師様の回復具合では、リリアナを帰すのが遅くなってしまうかもしれません。申し訳ないですけど」
「承知した。魔術師様のいち早いご回復を願っている。ただ――」
 お父様が困惑気味にわたくしを見る。

「これに直接乗って行くのか? 危なくないか? 落ちないか?」
「私たちカトラリーは魔法が使えないんです。竜でなければ谷底へ下りられません」
「そうか。崖か。忘れていたよ」
「落ちないわ、お父様。わたくしはエドに絶対に会うのだから」
 正直言えば、竜には二度と乗りたくないと思っていた。だけどエドに会うためなら、何度だって乗るわ。

「余計なことを言った」そう言ってお父様はわたくしを抱きしめる。「リリアナ、気をつけて行っておいで」 
「はい、お父様。では行ってまいります!」

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品