転生してループ?〜転生令嬢は地味に最強なのかもしれません〜

Y.ひまわり

35.うーん

 鏡のような画面に、次々と文字が現れてくる。


(まるでタブレットみたいね)


 ジェラールから渡された魔道具に、あの男の取り調べ結果が送られて来た。


 この魔道具が、どんな仕組みなのかはサッパリ理解できないが、ジェラールが書いた文字がそのまま写し出されているみたいだ。
 ジェラールが、お抱えの魔術師が転移魔法の応用で作った物だと自慢していた。
 一度、その宮廷魔術師に会ってみたいとリーゼロッテは思う。


(どれどれ……)


 男は、王都の教会堂に属する助祭の一人だった。
 元々は、他の領地の教会で副助祭をしていたのを、引き抜かれた人物なのだそうだ。


(何か秀でた才能でもあったのかしら?)


 王都の教会堂は、大司教から助祭までが住むことが許され、この国で最も大きな大聖堂がある。
 すぐ側には、修道院があり修道士や修道女が生活をしていて、自給自足ができる土地もあり、病院も併設されているらしい。
 教皇、枢機卿は、別の場所に王宮のような立派な建物があり、そっちに住んでいるそうだ。


 読み進めると、男を引き抜いたのは……アニエスを聖女として見出した、あの温厚そうな司教だと書いてあった。
 魔石については、捕まった時点で記憶を消去する魔術を発動させたらしく、収獲は得られなかったと。


(うーん、手強い)


 それから、ジェラールはもう教会内部に諜報員を送り込んだらしい。出来ればリーゼロッテにも、さっさと聖女と認められ、教会堂に潜り込むようにと書いてあった。


(く……!! ジェラールったら、勝手なことをっ)


 仕方ないので、リーゼロッテからもその魔道具に、今日までに起こった領地の教会での出来事を書いた。
 きっと、数日中に何か変化があるだろうと。


 ジェラールから直ぐに返信があり、ユベールについて根掘り葉掘り訊かれた。
 どうも、美男子イケメンの助祭と書いたのが失敗だったようだ。


(面倒くさい……)


 今日の件でユベールは、魔石については全く知らないのだろうと確信した。
 消去法でいくと、ラシャドが関わっていると考えた方が良いかもしれない。


 魔道具を消そうとすると【たまには、会いに来い】という文字が最後に現れた。


(…………)


 既読スルーで、リーゼロッテはパタリと魔道具を仕舞った。
 




 ◇◇◇




 ユベールとコリンヌの一件から一夜明けた。


 早朝。何となく目が覚めると、ジェラールから渡された魔道具がまた光っているのが見えた。
 
 朝からジェラールと情報交換を終え、んー……っと伸びをする。
 朝焼けだった空が、徐々に明るくなってきた。
 それでも、いつも起きる時間よりもだいぶ早い。


(ジェラール殿下って、何時に起きてるのかしら?)


 無節操な馬鹿王子が、仮の姿だと良く分かった。
 いくらループしていても、人には本質があり、努力で変わる人もいれば変わらない人もいる。
 ジェラールは、元々勤勉な人間なのだろう。


(あれ……ジェラール殿下は第二王子よね? 王太子って、どんな人だったっけ?)


 前に、ルイスがジェラールは兄である王太子を慕っていると言っていた。
 確か年は少し離れていると。今、ジェラールが16歳だから王太子は……多分、22歳。そろそろ結婚してもおかしくない年齢だ。


 一周目の記憶を探るが、ジェラール同様思い出せない。


「うーん。よし、お父様に訊こう!」


 と思ったが……まだちょっと早過ぎると気付く。
 こんな時間にルイスの私室を訪ねる訳にはいかない。


(あっ。そうだわ……)


 気持ち良さそうに眠っているテオを置いて、リーゼロッテは辺境伯邸の敷地内に作られてる訓練場へ向かった。
 
 この領地は、辺鄙へんぴな場所だけあって、空気が澄んでいる。
 少し肌寒く、薄っすらと霧も出ているが、リーゼロッテはこの朝の空気感が好きだった。
 
 庭を抜け更に進むと、同じ敷地内とは思えない程、ガラリと雰囲気が変わる。
 騎士達の寮である居住部もあるが、そこへ女の子のリーゼロッテが入ることは禁止されている。


 訓練場に関しては、外から覗く分には問題ない。


 ――カンッ! ――カンカンッ!!


 木剣の打ち合う音が響いてきた。


(うん、当たりだ)


 ルイスと数名の騎士団員が早朝訓練をしていた。
 元近衛騎士団の副師団長だったルイスだが、今は領主としての執務が多く、訓練するなら早朝しか出来ない。


 まだ、他の騎士達に指導しているので、暫く見学していることにした。
 汗で濡れたネイビーブラックの髪が、剣を打ち出す度に揺れてキラキラしている。真剣な顔がいつもにも増して精悍だ。


(恐ろしい程、美しいわ……)


 確かルイスは31歳になっている。
 いつの間にかルイスが、転生前の自分の年齢を超えていることに気付く。
 一周目でも結婚していなかったが、本当にこのまま結婚せずに、この領地を守り続けるのだろうか。


(たとえ辺境の地でも、お父様になら嫁に来たい令嬢は沢山いるわよね)
 
 ――チクリと胸が痛かった。


(過去の私……リーゼロッテは、本当の娘になることを望んでいた筈なのに。何だろう……ちょっと苦しいな)






 

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品