転生してループ?〜転生令嬢は地味に最強なのかもしれません〜

Y.ひまわり

23.離宮へ

 取り敢えず、第二王子は放置しよう……そう決めてから、変わりのない日々を過ごしていた。


 ――パリ──ンッ!!


 調べ物のため、屋敷に完備された図書室に居たリーゼロッテは、音とは違う響きにハッと顔を上げた。


(……結界が割れた!?)


『テオ! 来て! 薔薇の結界が壊れたわっ』


 急いで部屋へ戻りクローゼットからメイド服を取り出すと、離宮へ転移する。


『何が起こった?』


『分からない……。だけど、アニエス様に何かあったのよ!』


 久しぶりのリリー姿で、離宮の庭から回り込むと、窓の枠に隠れるようそっと中を覗いた。
 どうやら、部屋には結界が張られ、外に音が漏れないようになってるようだ。


(あれはっ……!!)


 部屋の中では、ブリジットが両手を広げてアニエスを背に庇い、相手を見据えている。
 ブリジットの手前にいるのは二人の男だ。後ろ姿しか見えないが、服装からだと想像がついた。


 ブリジットの背後で、アニエスは倒れた従僕ロビンに、真っ青な顔で必死で声をかけているようだ。


 アニエスの正面の壁の床には、あの薔薇の飾りが粉々になっていた。
 ――確かに、アニエスはリリーを呼んだのだ。


『……行くわよ』
『承知した』


 多分だが。結界の中もまた、外の音は聞こえ無いようになっているのだろう。
 ちょうどブリジット達の正面にある窓を開けて、枠に飛び乗る。ブリジットの視界に入ると、口元に指を立てて声を出さないように合図した。


 魔道具で張った結界だろうか。窓を開けても入れないように、内側に張られていた。


(ショボい結界だわ)


 結界に触れ、リーゼロッテの魔力を少しだけ流すと、パチンと弾けた。


「えっ!?」


 一人の男が結界が壊れたことに気付く。


 直ぐ様、リーゼロッテとテオが入った状態で、離宮全体に結界を張り直した。これで、音だけではなく、自分達が魔力を使っても漏れず、宮廷の方は気付かれない。
 
 今の時間帯、離宮には他の使用人が居ないのだろう。男達は、人が手薄な時を狙いやって来たのだ。


「アニエス様、お久しぶりで御座います」
 
 リリーはアニエスに微笑み、通る声で挨拶をした。


 後ろからの突然の声に男達は驚く。
 
「だ、誰だっ!」
「どうやって、中へ!? ……ヒッ、お前はっ!!」


 男達の言葉を無視して、リリーは優雅な足取りで脇を素通りする。
 
「……リリー? 本当に……来てくれたのね……」


 大きな瞳にいっぱいの涙を溜めたアニエスは、怪我をしたロビンに癒しを施しながら、震える声で言った。


「はい、もう大丈夫ですよ。彼方のお部屋で、ロビンを治してあげて下さい。ブリジット、アニエス様とロビンを」
「はいっ! リリー様」 


 アニエスがブリジットに連れられて、部屋から出て行ったのを確認すると、男達の方を振り返る。
 
「テオ、ありがとう」
 
 テオの威圧で、動け無くなっていた男達にリーゼロッテは近付くと声をかけた。


「さて、あなた方は教会の人間ね? 右の貴方は、以前も此処でお会いしましたね?」
 
「「――――!!」」


「……私は質問しているのだけど?」 


 今度はリーゼロッテが威圧すると、二人はもう立ってはいられない。
 そして目の前で、どんどん大きくなっていくテオ……いやらフェンリルの姿に男達は恐怖で失神してしまう。


「あら……、聞く前に気を失っちゃった」


 仕方ないので、逃げられないよう魔力を込めた紐で、グルグルに縛り上げておく。
 そして、リーゼロッテが張った結界を解いた。


(うーん。このまま、離宮に置くわけいかないし、後で屋敷の地下牢で取り調べしようかしら……。この世界で、カツ丼……は無理ね)


 そんな事を考えていたら、もの凄い勢いで扉が開かれた。
 サッと手の平サイズまで小さくなったテオは、リリーのエプロンのポケットに潜り込む。


「これは一体どういうことだっ!!」


 開けるや否や怒鳴り込んで来たのは、放置すると決めた第二王子ジェラールだった。護衛も一緒だ。
  
(……よりにもよって、何でジェラール殿下が?)


 ジェラールと側近は縛られた男達を見て唖然とし、次いでリリーを見て目を見開いた。


「お前は、誰だ? ……まさか、其方はリーゼ」
「侍女のリリーと申します」


 リーゼロッテの目が、余計な事を言うなと語っている。ジェラールは、ゴクリと唾を呑むと話を合わせた。


「聖女の侍女か……。リリーといったな、この状況を説明しろ」


「はい。私が使いより戻りましたところ、その者達が聖女様を襲い、従僕のロビンが身を挺してお守り致しました。そして、倒れた者たちを私が縛り上げた次第です」


「して、その従僕は?」


「そちらの部屋で、聖女様が怪我の治療を」


 フッと、ジェラールは息を吐くと立ち上がり、縛られた男の胸元から何かを抜き取った。


「……やはりか。この者達を牢へ入れておけ!」


「しかし、殿下。教会の者では?」


「何を言っている。教会の者が聖女を襲うわけがないだろう? 教会に訊けば、其奴らは見知らぬ不届きな輩だと答える筈だ」


 ジェラールは、この男達は蜥蜴の尻尾だと言っている。簡単に切り捨てられる存在だ。


「かしこまりました」


 とアントワーヌは、騎士達に連れて行くように命じ、一緒に部屋を出て行った。


「リリーよ。其方には、まだ訊きたい事がある。ついて来い」


 心配そうに様子を伺っていたブリジットに、大丈夫だと頷いて見せると、ジェラールの後をついて宮廷へと向かった。
 





コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品