キラキラ

空栖 彩琵

それぞれの考え

九瑠璃も授業の間鬱鬱としていた。
長君も余り今日は話しかけてこない。
私がわかりやすいのかな?
明日は休み。。なんとかそれまでにこの気持ちを収めたかったが、方法が解らないまま授業は過ぎ去っていく。
明日は昼から長君と会う約束をしてしまった。
しまったじゃない今日がよかった。。
自分にできる事を何度も考える。
廻子さんの事を思うだけでヒリヒリと焦燥感に襲われる。
授業はそれなりにこなせている私が怖い。
少しずつ私も変えられている。
結衣みたいにはなれないにしても廻子さんと笑って話せたり、、、って認識されてるかも怪しい。。
学園祭で見て一度声を掛けて話しただけだし、、、
大学に入ったタイミングで話すのが普通なんだろうけれど、もう卒業してらしたからなぁ
いつか廻子さんの色を感じる様になって、なんとなく緑だったら良いなって思う。
私のイメージカラーは自称青だから、結衣も合わせて三原色だ。
こんな事を考えてる人は私ぐらいなのはわかってる。
私が少し、、だけ浮いてるのは個性と翔音ばあちゃんは私を認めてくれた。
それに結衣も寄り添ってくれたから人間らしい生活が出来てる。
私が自発的になるきっかけをくれたのは結衣達のおかげなのだ。
今は結衣にツッコミを入れてもらうのも実は心地良い。
そのツッコミが私を普通に引っ張ってくれている。
結衣の為になる事も考えたいけどそれは彼女が許さないだろう。
今の状況も結衣にとってもきついものかも知れないと今思った。
今の私は何を結果に据えれば報われるのだろう。
それがわかればこんな苦労しないのかもしれないが、、
授業が終わった16時御百度参りは今日はせずにあのカフェに行こう。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品