キラキラ

空栖 彩琵

昨日も今日も

九瑠璃がしっかり学校に到着したのを授業をコソコソと覗いて確認。。
九瑠璃は感の良い子じゃ無いけど、行動力は凄まじいから青渭神社に行っていないか心配だったのである、、
まぁ思考を巡らせるタイプでは無いのだけれど、、、
顔色は曇っているようだが大学に来ているので最低限という事かな
青渭神社には電車で向かう。1時間位のちょっとした遠出
一人でここまでの距離を移動する事はあまり無かったように思う。
最近こそ九瑠璃とは別行動が増えたが、高校まではいつも彼女と一緒だった。
東京に来て変わってしまったのか?
いや東京に来ても変わっているだけなのだ。。
昨日と同じ様には想えないのだ。
今日と同じ事はもう出来ない。
九瑠璃の事を想い動いた私は翔音ばあちゃんみたいに上手くやれないだろう。。
でも私は翔音ばあちゃんを知ってもいるし、九瑠璃の事を思っていて、私は私にしか出来ない事があるはずなんだ。
スマホで九瑠璃に今日は帰り遅くなります。チャーシュー食べててね。とチャットを送る。
1時間独りで電車に揺らされる事がなんだか新鮮で、勿論あまり使わない電車なのもあるのだろうけれど、東京は地図で見れば小さいが生活圏の広さを感じる、、
私たちは小さな街で育った。九瑠璃の沖縄時代は知らないけれど、なんとなく初めて会った時の感覚から変わらないから、私たちは限りなくシンパシーを感じて、限りなく対なのだけど、でも果てしなく同じ力を感じる。
そんな事を考えていたら目標の駅に到着。
ここからは30分ほど歩きである。。。
自足の方が力を逃がしにくいと翔音ばあちゃんは言っていた。。
軽くノビをした後ゆっくりと青渭神社に向け歩き出す。。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品