キラキラ

空栖 彩琵

夕飯

結衣が手を洗ってる最中から、早く食べたいのか九瑠璃はレンジにお惣菜を入れようとする
「そのままだとレンジも惣菜もダメになるから、座って待ってなさい」
結衣はすんでのところで九瑠璃を止める。
「なんで?」
「ここのスーパーのはレンジでやると、パックが溶けるのよ」
「トースターでも温めた方が美味しくなるし、レンジだけでやるにしてもその時間は長すぎる」
「うるさいなぁ」
「たこ焼きは後でレンチンだけにするとして、それ以外をまずはお皿に入れて、30秒ほどチンして。」
「はーい。」お皿に入れる頃には結衣も箸を持って手伝う
「結衣は休んでて」
「休みません。気遣いできる様になったのは褒めてあげるけど、休んだら食べれなくなる」
「食べれるもん!!チンするだけだもん」
「結局私が指示してるでしょ?」
「分かったよぉ」
とても不満そうである
手際よく冷蔵庫にそのまま入れていた鍋を出し煮立たせる。昨日の夜の汁物である。
「美味しいご飯の為よ。長くんにもちゃんとお礼言っとくから」
「私が買ったんだよ?」
「そうだけど、長君のアイディアでしょ?九瑠璃なら買ってもお菓子でしょ」
「そうだけど、、、次回から覚えておきます」
少し可哀想になってきたので、何かないかなと思い考える
「長くんには九瑠璃から言っておいて貰おうかな。九瑠璃から言った方が喜ぶだろうし、唐揚げとかも長君のアイディアでしょ?美味しかったって食べてから送っといて」
「はーい」
少し持ち直した様だ。単純なものである。。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品