キラキラ

空栖 彩琵

おみくじはいかに!?

神田神社に到着した三人は門をくぐり、境内に入っていく。
「やっぱり神社って落ち着くね」
智留がチルらしい事を言う。
「そうだな。正にゴーウェイしてきて、御みくじを奢って貰うには良い場所だね」
結衣が笑みをこぼし応える。
「御朱印押して貰うから先にお参りしてて、後だと時間かかるとよくないから」
張さんはノリには乗らず早足で授与所に歩いていく。
「御朱印そういえば好きだったかー」
智留が王偉に投げかける。
「おう。ゆっくり行ってて」
「了解。焦らなくて良いからね」
結衣も応える。
賽銭箱の前に着くと見慣れないが、QRコード決済が出来る様である
一応チルにも確認する
「賽銭もデジタル決済なの?」
「あーそういえばそうだったか。此処は最新で行きますかね。」
「わ、わ、私は小銭出しちゃったからこれでする」
其々の邪念をおとし、清らかに祈りをおくる
私がお参りを終えて後ろを向くと、張さんが立っていた。
「今御朱印かいて頂いてます。多分御みくじ引く頃には出来てるって」
「了解。お参りしてくださいな」
智留もいつの間にか終わっていた様だ。
張さんもお参りを済ませて、三人は授与所に向かう。
まずは御みくじからだ。
言っていた通り張さんが御みくじのお金を払ってくれた。
三人は各々御みくじを手にして、開ける
張さんが凶で、智留は中吉、私は末吉だった。
張さんはお金で祓ったからとか言い出したり、智留は単純に大喜び、私が芸のない感じに二人をこき下ろしていた。
御みくじを引いた所で、張さんの御朱印が仕上がり、なんだかんだ時間も経っていたので、解散が張さんから告げられた。
駅まで送ろうかと二人は言ったけれど、大丈夫と言いそのまま解散した。
九瑠璃からメッセージが来ていた。お惣菜を買ったと言う事らしいが、多分長君に言われたんだろうなと思い、一人笑みが溢れる

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品