キラキラ

空栖 彩琵

とぶぞ!

九瑠璃は家を出て駅の方にゆっくり歩き出す。
長の姿を見つけると小走りになって駆けて行く。
長は少し恥ずかしく思いつつ早足に変える。
「よぉウィンガーディアム」
「せめてレヴィオーサの方だろ」
「浮け!!この野郎!」
「そのノリやるならレヴィオーサまで続けて言いなさい!浮かないけど、、」
はははと九瑠璃が笑うので、長も合わせて笑う
「てかあれも読んでたんだね」
九瑠璃が笑いながら話す
「一度ぐらいは触れる作品じゃん」
「それもそうか。で今日はどこ行くの?」
「天気も良いし京浜公園なんてどうかな?」
「良いね!日向ぼっこしながらのんびりしたい」
「じゃあ行き先も決まったし、飲み食い出来る物でも買ってくか」
「結衣に家賃払うのまだだから、銀行も寄って良い?」
「おう。もちろん」
長は笑みを浮かべたまま九瑠璃を少しリードし、やっと同じ方向へ二人はぎこちない足並みで歩いていく。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品