婚約破棄られ令嬢がカフェ経営を始めたらなぜか王宮から求婚状が届きました!?

江原里奈

1 それは婚約破棄から始まった

「こ、婚約破棄……ですって!?」
 私は呻くように、手紙に書かれていた衝撃的な言葉を反芻した。
 その手紙は、かれこれ三ヶ月ぶりに婚約者であるフィリップから届いたもの。
 グラストン侯爵家の次男である彼は、秀才のうえ誰もが認める美形である。アカデミーで優秀な成績を取り、念願かなって官僚試験に合格した。
 いまは、この地方の大都市であるベルンで司法補佐官見習いをしている。
『まずは、僕が基盤作りをしなきゃね』
 ベルンへ旅立つ前に、彼はそう言っていた。
『だって、そうだろう? 君を妻として迎えるために、まずは仕事を安定させないと……しばらくは官舎で暮らすだろうけど、すぐに屋敷を構えるよ。そうしたら、すぐにでも結婚しよう』
 そう言ってくれたのは、かれこれ一年前の話。
 いつ、連絡が来るだろうって毎日心待ちにしていた。
 この前、手紙でいつになるのか尋ねたら、「もう少し待ってくれる?」と返事がきたきりだった。
(……それが、婚約破棄? どういうことよ?)
 頭にガンガンとした痛みを感じてくる。
 風の噂で、彼が屋敷を借りたと聞いた。
 その後、なかなか連絡がこないから、すべてをつつがなく整えて、私を驚かそうとしているのだと思っていた。
 それなのに……いったい、何が起こったというの?
「どうしたの、カタリナ。グラストン侯爵令息からのお手紙が来たのでしょう? 彼は何て言っているの?」
 顔を真っ青にしている私に、お母様が心配そうに声をかけてきた。
「……これ、読んでちょうだい……」
 口に出すのもつらくて、私は彼の手紙を手渡した。
 驚くべき早さで手紙を読み終わったお母様は、「ああ……」と小さな声をあげて床に崩れ落ちる。
「わっ……お母様!」
「奥様、どうなさいましたか!」
 ちょうど紅茶を運んできた侍女のマドレーヌが、床に倒れたお母様を助け起こした。
「……どうしましょう。カタリナが……カタリナの将来が……」
 譫言のように呟いて、そのまま失神してしまった。
「奥様! 大丈夫ですか、奥様っ!」
 マドレーヌが大声を出すと、執事や他の侍女たちが駆けつけてくる。
 私は執事たちがお母様を寝室に運んでいくのを見守った。
「……私ったら、親不孝な娘だわ」
 静けさが戻った部屋の中で、私は床に落ちた手紙に視線を落とす。
 そして、腹立ちまぎれに赤い靴でそれを踏みにじった。ぐしゃぐしゃになった紙を見ると、少しだけ気分が晴れた。
「そうか……お母様、そんなにショックだったのね……」
 予想外に大事になったことに申し訳なさを感じたが、はっきり言って被害者は私のほう。
 だって、すべてはフィリップが私と結婚する意志をなくしたのが原因だ。どう考えても悪いのは、あの男のほうだろう。
 婚約破棄自体は、ショックだった。
 ただ、その驚愕が落ち着いてくると、違う気持ちが胸の奥底からムクムクと湧いてくる。
 私はクスッと笑った。
(……ってことは、これでしばらく結婚しなくて済むわよね?)
 誰もいない部屋の中で、私はにやにやしてしまう。
 婚約破棄されたという事実……これは、うまく使えばいい切り札になりそうだ。
 あきらめ切っていた夢を叶えるための、このうえない切り札に――。
 この時代では、結婚をするとき女性が男性に持参金を用意するのが習わしだ。
 しかし、婚約の儀を正式にあげているのにもかかわらず婚約破棄になった場合、それを言い出したほうが相手に持参金の半額の慰謝料を支払わねばならない、という決まりがこのベルクロン王国には存在する。
 なぜなら、一度でも婚約破棄をされてしまうと、女性側の貞操が疑われてしまう。
 二度目以降の縁談が不利になる女性たちのために、設けられた制度だそうだ。婚約破棄で得た慰謝料を加算すれば、それだけ持参金も多くなる。すなわち、縁談が入りやすくなるという配慮だそうだ。
 私の実家……エルフェネス伯爵家が、グラストン侯爵家に提示していた持参金は十万ゴールド。すなわち、私あてに侯爵家から払われる慰謝料は五万ゴールドということになる。
 五万ゴールドと言えば、フィリップが官僚として働いた給金の一年分に相当する。
 そう思ったら、婚約破棄されたばかりだというのに楽しくなってきた。
 そもそも、結婚なんて別にしたかったわけじゃない。
 伯爵令嬢として生を受けた以上、他の貴族令嬢たちと違うことをして目立つことはよくないと思ってきた。
 エルフィネス伯爵家はこの南部地方では有数の家柄だ。その一人娘が行き遅れになったら、色々と悪い噂も立ってしまうだろう。
 ……しかし、一度相手から婚約破棄をされているわけだから、問題のある令嬢だと見なされて、もう二度と求婚されない可能性もある。
 いや、求婚されたとしても断る理由ができたのだ。『婚約破棄でできた心の傷』を言い訳にすればいいのだから。
 そういうわけで、婚約破棄されたばかりの私……カタリナ・エルフィネスは男に縋って生きる貴族令嬢の人生を捨てて、夢を追いかけることに決めた。


 ……え? 私があまりにも貴族の令嬢っぽくないって?
 そんな声が、どこかから聞こえてきそうな気がするけど、その異論反論はごもっとも。
 そもそも、私は他の貴族令嬢とは違うんだから!
 具体的に何が違うかと言えば、それは前世の記憶があるということ。
 ――私は、前は日本という国の学生だった。
 物心ついた時からお菓子が好きで、高校に入ってから趣味と実益を兼ねてケーキ屋さんでアルバイトを始めた。
 実家には短大や大学に行くほどの経済的な余裕がなく、製菓専門学校の夜間部に通いながら、授業料を安くしてもらう代わりに学校が経営するカフェの早番シフトで働いた。
 最初は不安しかなかったカフェのバイトも、やってみると意外と性に合っていた。
 色とりどりのケーキを作る作業も楽しいが、おしゃれな空間で働いているうちにどんどんカフェを自分で経営することに興味が湧く。
 カフェには、色々な人が集まってくる。
 コーヒー片手にパソコン作業をするスーツ姿の会社員、リラックスした雰囲気のノマドワーカー、デートする若いカップル、会社帰りに読書をするおしゃれな女性……。
 もし、自分が経営者だったらどういうターゲットを想定しよう? それとも、万人受けするカフェにしようか?
 そういう妄想をするのが、苦学生だった私の唯一の楽しみだった。
 実際は経営者になるような元手もない。昼はバイトで夜は授業と分刻みのスケジュールだったから、夢のまた夢だ。
 ……しかも、学校帰りに私は交通事故に遭ってしまった。最寄り駅から自宅まで歩いている途中、信号無視した車にはねられて――。
 十九年のあっという間の人生、唯一の悔いはカフェ経営をするという夢を叶えられなかったこと……そして、バイトと勉強に勤しむあまり恋愛をする余裕もなかったこと。
 もう一度、どこかで人生をやり直せるなら、お金持ちの家に生まれてすてきな人と恋をしてみたい。
 そして、できることならカフェを経営できたらうれしいな。
 そんなことを思いながら、私の意識はぷつりと途切れたのだ。


 ……そうして、私はこの世界に生まれた。
 生まれつき前世の記憶はあったけれど、日本とこの中世ヨーロッパもどきの世界とはすべてが違いすぎて、十九年分の記憶や体験が役に立ったことはほとんどない。
 それでも、あくせく働くことなしに趣味のお菓子作りを楽しめるのは、私にとってありがたかった。
 記憶にある限り、製菓学校で習ったレシピは文書に残していた。万が一にでも盗まれたら困るから、暗号の代わりに日本語で書いた。
 いつか、秘伝のケーキを使ってカフェ経営をする日がやってくるかもしれない。そう思って、前世で果たせなかった夢を再び思い描いていた。
 ところが、この世界の常識というのは、前世の記憶がある人間にとっては非常識だ。
 エルフィネス伯爵家のご令嬢と言えば、この南部地方で有数のお嬢様。それに見合った格式がある家門の令息と結婚することが生まれたときから決まっている。
 お母様は、唯一の女の子である私の結婚に執念を燃やしていた。
 社交界にデビューする十六歳になると、色々な伝手を使って年回りの合う貴族の令息と会わせてきた……そう、いわゆるお見合いだ。
 その中で、一番感じがよかったのがグラストン侯爵令息フィリップ……私をフッた男である。
 私に一目惚れしたと言って、彼はすぐにお父様のところに行って婚約を願い出た。
(この人、見た目によらずけっこう漢気あるのね!)
 なんて、一瞬心ときめいた自分がいまは哀れに感じる。
 これまで、できるだけ両親には逆らわずに生きてきた。
 前世とは違う人間に生まれたのだから、この世界に適合しなければ罰が当たると思い込んでいたから。
 ――が、両親が推し進めた縁談を受けたのに、こんな屈辱を味合わされているのだ。
 この世界で結婚なんかしても、私が幸せになるとは思えない……絶対に!
 ……だから、私はエルフェネス伯爵家のいい娘で居続けるのはやめることにする。
 楽しくケーキを焼いて、できればカフェ経営もしたい!
 慰謝料は伯爵家の資産に入れられてしまうから、どうにかしてそれを使わせてもらおう。
 そんなことを考えていたら、すっかりフィリップのことなんてどうでもよくなっていた。

「婚約破棄られ令嬢がカフェ経営を始めたらなぜか王宮から求婚状が届きました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く