組織から孤島に逃げ落ちた元悪役令嬢は花屋を開きモフモフ動物達とスローライフを送っていたら世界トップレベルの魔石商になってしまった件⁉

菅原 みやび

裏言葉

 私達は回廊を急いで左に曲がり、そこから駆け足で騎士団長の部屋まで向かう。

「あの【紫色のヘリオトロープ】、間違いないわ!」 
「ふむ、確かヘリオトロープの花言葉は渾身的な愛じゃったかの?」

「そう、贈り物としては別におかしくはないんだけど」
「成程、裏言葉か……。別の意味で、夢中とか熱望じゃったな……」

 そう、小次狼さんの言う通り花言葉には裏があるのだ。

「あの……今気が付いたんじゃが、あの花の色嬢ちゃんの髪の色にそっくりじゃがたまたまかの?」
「えっ! うん、そうじゃないかな?」

 小次狼さんの鋭い指摘に少し狼狽える私。

 そのせいか、少し私の走っているスピードが上がる。

「……儂は怪盗組織【エターナルアザー】の内部は詳しくはないが、確か大昔は怪盗予告は出してなかったと聞くが……はて?」

 私の顔を覗き込みながら駆け足のスピードを上げる小次狼さん。

「……すいません。あの怪盗予告、私が幹部になって作ったルールなんです……」
「そうか、逆算すると丁度100年前くらいからじゃったし、そんな感じがしたんじゃよな」

 申し訳なさげに話す私に対し、小次狼さんは楽しそうに大笑いをする。

(この感じ、やはりバレてましたか……)

 そう、組織の幹部試験を無事? 通過した私はほどなくして、「花を怪盗予告に使いたい!」の意見を【エターナルアザー】で発案したんだよね。

 理由は「昔から花が好きだったし、折角やるんだったら楽しく仕事をしたい」から。

 周りの幹部連からは「わざわざリスクを増やすな」とか「今までやってないものをやる必要を感じない」とか言われて猛反対されたけど。

(ま、私も当時若かったので怖いもの知らずだったんだよね) 

 でも、長が「楽しそうだし、美学がありそうなのでやってみる価値はある」の鶴の一声で採用してくれたんだっけ……。

 で、【紫色のヘリオトロープ】が花言葉である【夢中、熱望】に合致するため選ばれたんだっけ、確か……。

(百年以上も昔の話だから、記憶がちょっとね……)

 結果この花の怪盗予告、皮肉にも【エターナルアザー】の名前を世に知らしめる宣伝効果があったわけで……。

 ちなみに花を選んだのは当然長である。

(そんなわけで、これがきっかけで私の株は上がり、徐々に幹部の地位が上がって行き、№2になれたんだっけ……)

 勿論このラッキーパンチだけじゃなく、磨き抜いた選美眼と宝石類のカット技術などの努力の賜物だったけど。

 更には怪盗予告の為に戦闘回数は増え、私の剣技も比例して研磨されていった。

 そんな私なので、逆にその手口は知り尽くしている。

 階段を急いでおり、一階に向かう私達。

「騎士団長の部屋は階段を降りて、もう一つ先だっけ?」
「そう、あそこじゃな」

 小次狼さんの射す指先を見て軽く頷く私。

 だからこそ【紫色のヘリオトロープ】をあの部屋に設置したもの、即ち依頼者が誰かトレースする必要があるのだ。

 そう、この城に潜り込んでいる【エターナルアザー】の組織の構成員を捕まえ、怪盗の被害を防ぐ為に……。

 そんな事を考えながら、扉に手を当て騎士団長の部屋に入って行く私達。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品