誰にもバレない手紙の書き方
ファンタジー

連載中:2話

更新日:

誰にもバレない手紙の書き方

  • あらすじ

     
     ある日、ある人は都市部からはそう離れていない山の奥に隔離されたような小屋を見つけた。
     その小屋は人が立ち入ったような新しい痕跡は見当たらないようなほど廃れていた。
     その小屋の中を覗いてみると、三畳ほどの空間に手紙とペンとボストが置いてあり、壁には連絡先と思われる数字と一言メッセージが書かれた小さな紙が無数に貼られていた。
     彼もまた、存在するかわからない相手と関わることに無意識に惹かれていくのであった。
     それは1つの個体がもう1つの個体と出会い、またもう1つの個体を引き寄せる...
     彼らはそうして出来上がった大きく小さいネットワークの鱗片にすぎないのである。
     けれど、そのネットワークは何か色があり、熱を感じるモノであった。
     彼らはいつか出会うのか。
     はたまた別れるのか。
     しぶとく弱い息の根が続くように関わり続ける例外であるのか。
     ここから出会う物語はとある1人の長く短い出会いと別れであった。

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品