炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

装備者限定、四属性の魔法剣

二人で逢瀬を楽しむかと思われたエスティアとセドリックは、そのまま少し離れた場所から山頂の黒竜の様子を窺っていたらしく、すぐ戻ってきた。

新たにパーティーに加わった青銀の髪の魔法剣士ヨシュアは、山頂に向かう前に魔力を込めやすい、刀身の内部が空洞になった剣を作ってエスティアたちに属性魔力を込めるよう頼んだ。

「二属性までが限界でしょ? 私たち全員だと四属性。魔法剣が壊れてしまわない?」
「うん。だから混ざらないように刀身をセクション分けして一か所ずつ属性魔力を入れて貰おうかなあって」

形状は細身の片手剣だ。
持ち手にあたる柄に近い部分には最も安定するセドリックの土の魔力を。
その上にカーティスの炎の魔力を。土は炎を受け止める。
更に上にヒューレットの水の魔力だ。下の火の魔力と水の魔力では相性が悪いように思えるが、物理的な火と水ではないから問題はなかった。むしろ相反する性質は爆発的な威力をもたらす。

最後に切っ先部分にエスティアの風の魔力だ。
土から始まって重ねてきた属性魔力を発動するのに最適な組み合わせである。



「うーん。最高の出来なのに君たちじゃ使えないのか」

属性魔力の利用方法がわかったとコツを掴んだヨシュアは、全員分の四属性付き魔法剣を作ろうとした。

ところが最初に作った片手剣をまずエスティアたちに持たせて試し切りや魔力の発動を実験させたところ、誰一人として四属性を使いこなせなかった。

ただ一人、製作者のヨシュアを除いて。

「属性別の魔力体質も良し悪しだね。君たちの文化圏に複合魔力の持ち主っていないの?」
「いても二属性までね。例えば今の国王のアーサー陛下は火と水の二重属性。私の亡くなった母は四属性ぜんぶ持ってたけど、……早死にしてしまったわ」

思えば母カタリナは能力チートで強かったが、身体への負担は大きかったように思う。

仕方ないから四属性の魔法剣はヨシュアがそのまま引き取ることになった。

「あと光と闇の魔力だっけ? それも含めて全属性複合の武具や魔導具が作れないか研究してみたら? 儲かるよ」
「できるかはわからないけど、やってみる価値はありそう」

ものすごい貴重な魔法剣が作れたと言って、ヨシュアは麗しの顔の頬をほんのり染めて嬉しそうに刀身を撫でた後、自分の魔力に戻していた。

「フフフ……家族や幼馴染みに自慢できるね」

アヴァロン山脈から抜け出て故郷に帰った後を考えて楽しげに笑っている。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く