炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

本命、再攻略を決めました!

侍女に案内された客間には確かにアルフォートの姿がない。
あったはずの荷物のうち、貴重品と手荷物程度のバッグだけがなくなっていた。

テレンスが出ていくときに連れ出してしまったらしいとの報告に、エスティアはまた頭が痛くなってきた。

「嘘でしょ、アルフォートまで……くそっ、こんなことならあたしの部屋に連れ込んでおけばよかった!」

事態を知ったサンドローザ王女も飛び出して行こうとするが、エスティアが慌てて止めた。

「駄目よ、ヒューレット君がまたあなたを迎えに来るのに! 勝手に出奔したらあなただけじゃない、私やパラディオ伯爵家まであらぬ疑いをかけられる!」

腕を掴んでくるエスティアに、意地悪げにサンドローザ王女が笑った。

「あら、そう? 初めてを捧げた男だし私はアルフォートと添い遂げられるよう頑張るつもりだったの。現王家の王女と王家の正統なら良い組み合わせじゃない? どうせ純潔じゃなくなった王女じゃ公爵令息のヒューレットとは結婚できないだろうしね」
「それは」

話を聞く限りだと良い案だった。
だが、女伯爵エスティアの婚約者を寝取った王女なんて醜聞を王家、特に今のアーサー国王が許すだろうか?

「ヒューレットも駄目、アルフォートも駄目なら次の私の婚約者は誰になるかしら。ねえ、エスティア?」
「ま、まさか」

ものすごく嫌な予感がする。

「傷物のあばずれ王女と、不義の子の隣国王弟。お似合いだと思わない?」
「サンドローザ!」

次に狙うのがセドリックだというのか。

「ははは、冗談言ってるわけじゃないのよ。現実的な代替案がそれしかなくない? でもどうせ仮面夫婦よ、愛人があんたになるなら見て見ぬ振りしてあげる」
「いやあああ……想像できちゃうところが怖いわ!」

リアリティありすぎる想像をエスティアに植え付けて、笑ってサンドローザ王女はドアへ向かった。

去り際、サンドローザ王女は手痛い攻撃を仕掛けてきた。

「ねえ。テレンス君関連のことは乙プリをプレイしてなくても、普通に情報収集してたらわかるレベルの話よ?」
「え?」
「テレンス君やアルフォートにちゃんと向かい合ってたらもっと関わる全員にとって良い結果になったかもしれないのに。あんた、自分のことばっかりで全然周りが見えてないのよ!」
「!」

言うだけ言って今度こそサンドローザ王女は去っていった。

「おいエスティア、何があった!?」
「エスティア?」

カーティスとセドリックの声がどこか遠い。
ここで気を失えるようなか弱い女性なら可愛げもあるだろうが、生憎と弱いメンタルで女伯爵などやっていられない。

「セドリック……」

(何よサンドローザのやつ! 人の結婚式をダメにした挙句、セドリックまで奪おうっていうの!?)

心配げな顔で駆け寄ってくるセドリックに胸の奥がぎゅうっと締め付けられそうになった。

(私だって彼を諦めたくなんかなかった。攻略対象……ううん、もう乙女ゲームなんてどうだっていい。私はセドリックが欲しい!)

エスティアが本命の再攻略を決意した瞬間だった。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く