炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

両親の決裂

妻カタリナに領地の肥やしの臭いを訴えた父テレンスは、そのことを王都のパーティーで友人たちに相談するよう勧められたそうな。

実際、彼は社交界のパーティーで、自分が婿入りした女伯爵領が如何に汚く、臭く、劣悪な環境であるか。
また、そんな環境を改善もしない妻の女伯爵の無能さを声高々に叫んだ。

そして、領地持ちの貴族たちから大顰蹙を買った。

「………………」

(お父様。それはもうツンデレキャラではなく、ただの〝痛い人〟だわ)

それも世間知らずの。

父テレンスの実家モリスン子爵家は当時、父の父、つまりエスティアの祖父にあたる人物が魔法騎士団の団長だった関係から王都住まいだった。
父は生まれも育ちも王都のシティボーイ。国内の地方領地の実態を知らなかったわけだ。

で、社交パーティーの場で声高々にパラディオ伯爵領の未開っぷりを話したそうなのだが、

『さすが、王都住まいの魔法騎士団長の四男坊様の仰ることは違いますなあ』

皮肉げに揶揄されたらしい。

その後、親切な学園時代の友人たちが丁寧に教えてくれた。

『お前が婿入りした女伯爵領は豊かな土地だ。お前が臭いと鼻をつまんだのは肥やしと言ってだな……』

(お父様、お父様。もう聞いてるだけで顔から火が出そうだわ)

どれだけ自分が世間知らずかを社交界で自ら公言した。
友人たちが良心的だったのだけが救いではないか。



そんな大恥をかいた父テレンスはパラディオ伯爵領に戻って妻を詰ったらしい。

『貴様は私の無知を知りながら事実を伝えることもなく、王都の紳士淑女に私が嘲笑われるよう仕向けた! 恥を知れ!』
『恥を知るのはあなたのほうでしょうね。どうでしたか、ご自身の過ちは理解できましたか?』

いくら何でも、伯爵家では本邸の敷地内にまでは家畜も肥溜めもない。馬屋はあるが本邸からは離れている。
それでもこの父は始終、伯爵家は糞尿臭いと言って罵っていたようだ。
当然、使用人や家臣たちの見る目も厳しくなる。

『そんなにこの家がお嫌いならもう結構ですよ。毎月のお小遣いは差し上げますから、好きなところにお行きになって』

下腹部を押さえながら女伯爵は微笑んだという。

『な、何を言って……』
『私たちの結婚は王命ですから離縁はできません。けれどもう世継ぎはお腹におりますので、あはたは不要なのです。私だって、あなたのような領地経営の初歩も知らない無能はもう要りません』

そして本邸から追放された。
言葉通り、毎月の夫としての手当てが小遣いとして支払われたが、それだけだった。

だが、エスティアの記憶ではたびたび戻ってきて母の執務室に居座っていた姿がある。

(そうか。あれはお金が足りなくて無心に来てたのかも)

生まれたのは娘のエスティアだ。
そして娘が十歳になるかならないかの頃に女伯爵カタリナは過労で早死にした。まだアラサーだったのに。

するとこの父テレンスは堂々と実父の権利を主張して、保護者になると言って戻ってきた。



「もう、結構です」

さすがにこれ以上、聞いていられなかった。

「何だ。もういいのか」

語りに熱が入っていた父は少し残念そうな顔になっている。

(そんなにお母様が嫌いだったって話を語るのが楽しいの? どこまでろくでなしなの、お父様)

「さあ、ご実家に帰られる準備を。今日の日暮れになってもこの屋敷にいるなら、着の身着のまま放り出しますからね」

自分でも驚くほど冷たい言葉で、改めて追放を命じた。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く