炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

攻略対象・近衛騎士ノア公爵令息ヒューレット

中止になった婚儀の夜、王都から近衛騎士が王女を引き取りに来た。
王都からパラディオ伯爵領は馬車なら一日の距離だから、連絡を受けて全力で馬を走らせてきたのだろう。

「エスティア嬢、お久し振りです。このたびは何と申し上げたら良いのか……」

とっくに爵位は継承していたが学生時代と同じように呼ぶ彼は、ノア公爵令息ヒューレット。
ヘーゼルブラウンの短髪に銀の瞳の青年だ。穏やかな気質の品の良い好青年で、文字通りの貴公子である。
近衛騎士団所属で、今回やらかしたサンドローザ王女の近衛隊長を務めている。

(この人、サンドローザの婚約者なのよね。ああ気まずい)

現王家に王女は一人のみ。そのためサンドローザ王女が女王に即位したとき王配になる予定の人物だ。
公爵家の次男で、高位貴族の使命と任務に忠実だが、面白みがないと学園時代もしょっちゅう王女に言われては苦笑していた。

(『乙女☆プリズム夢の王国』特典ストーリー最後の攻略対象で、良心的な人物。サンドローザの婚約者って汚点さえなければねえ)

それを言い出すと、浮気相手のアルフォートが婚約者の自分にまで跳ね返ってくるので口には出せなかったが。

「ええ、ヒューレット様もお元気そうで。それで随分急なお越しでしたけど、どのようなご用件で?」
「王女殿下を引き取りに参りました。身柄の引き渡しをお願いできますか?」

ヒューレットはあくまでも穏やかに、下手に出て来たが、エスティアは淑女の笑みを浮かべて拒否した。

「お断りするしかありませんわ」
「国王陛下の命令に逆らうのですか」
「いいえ? 牢屋に入っている私の元婚約者の不貞相手の女性のことでしたら、どうぞお連れになって。……でも、よろしいの? あなた、彼女が〝王女殿下〟だから引き取りに来たのですよね?」
「どういう意味です?」

まさか断られるとは思わなかったという表情のヒューレットに内心で苦く笑った。

「彼女、私の元婚約者と、私の婚儀の朝まで同じ寝台の中で一つになってたそうですわ。うちの騎士たちが無許可の侵入者と見て、元婚約者ごと下着姿で縛って教会まで引き摺って来たんですの」
「……そ、それは」

(そこまで詳しいことは王都に連絡されてなかったか)

「参列者は国内外を合わせて六十名弱。こんな僻地の伯爵家の婚儀ですから多くはありません。でもね、他国の王弟殿下や高位貴族の方々も参列くださってたんですのよ」

そう、若き女伯爵の婚約者を婚儀の当日に寝取った罪で牢屋に拘束されている女性を、王女殿下として引き取るならば。

王女殿下が臣下の婚約者を身体で籠絡した寝取り王女だと、近衛騎士が認めることになるのだ。
しかもこの男はサンドローザ王女の婚約者である。
プリズム王国でも王侯貴族の女性は婚姻前の純潔が重要だから、表沙汰になったら王女も婚約者の彼もダメージを受ける。

エスティアの態度と言葉に戸惑うような反応を見せたヒューレットは、少しだけ考える素振りを見せた後で躊躇いがちに訊ねてきた。

「……私はどうすれば良いですか?」
「彼女がただの浮気相手ならば、被害者の私がこのまま処分します。もし万が一、王女殿下なら……やはり私は被害者ですから、いくら臣下とはいえ相応の慰謝料と賠償を頂戴したいですね」

(このままでは私は寝取られ女伯爵として笑い者よ。王家には誠意を見せて貰わなきゃ)

「わかりました。一度、王都に戻って国王陛下に確認して参ります。ですから」
「ええ。牢屋の待遇は改善致しましょう。万が一、王女殿下本人だったら大変なことですからね」

まだ牢に入れてから一日も経ってない。
明日には本人に会って事情を聞くつもりだったから、少し早めの聴取を行うことにした。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く