炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

クズ男を絞めるつもりが

婚儀を台無しにしたモリスン子爵令息のアルフォートはまだエスティアとの婚約破棄の手続きが終わっていないため、伯爵家の屋敷内で軟禁されている。
滞在していた客間にそのまま放り込まれ、部屋のドアの外には騎士たちが二人、抜け出さないよう厳重に守っていた。

アルフォートを訪ねたカーティスとセドリックだったが、三人して長いこと無言だった。

「………………」
「………………」
「………………くちっ」

下着だけの半裸のままだったアルフォートが小さなくしゃみをした。
それで騎士たちと一緒に来ていたカーティスもセドリックも緊張をやや解いた。だが厳しい表情は崩さない。

「アルフォート、お前さあ。いったい何がやりたかったんだ。クソチキンのお前が女を連れ込んでたのも驚きだし、相手が王女様って何なんだよ。サンドローザ王女は式に欠席だったって聞いてるぞ?」
「エスティアの手を煩わせるまでもない。不貞の輩など滅べばいい」

カーティスとセドリック、二人の元同級生に詰め寄られて、客間の床に放り投げられていたアルフォートは情けなくも後ずさった。

「待て、取り敢えず服を着させろ! 寒いんだよ!」

チッと舌打ちしてセドリックが顎でクローゼットを指した。セドリックとて男の半裸などいつまでも見ていたくはない。

もたもたしながらアルフォートが服を着たところで、再びカーティスとセドリックは圧をかけた。

「で? 言い訳があるなら遺言代わりに聞いてやる」
「それ息の根止める気満々じゃないか!?」
「貴様がやらかしたのはそういう愚挙だ」

ぐ、っとセドリックが拳を握り締めると、身体の周囲の空気が陽炎のように揺らいだ。このまま魔力を帯びた拳だけでも息の根を止められる。
セドリックの薄青の瞳は本気だ。アルフォートは小さく悲鳴を上げた。

「じ、事情! 言い訳聞いてくれるんじゃないのか!?」
「まあ内容による。取り敢えず話してみろよ」

セドリックがマジ切れ寸前のため必然的に宥め役に回ったカーティスが、赤茶の髪をかき上げながら言った。

「言えるものなら俺だって言いたい! こんな最悪の役割なんて最初から嫌だったに決まってる!」
「だからとっとと言えと……ん?」

アルフォートが必死で言い募っているが、どういうわけか首をのけ反らせたポーズを繰り返し取っている。
ボタンを二つ三つ留め忘れたシャツから覗く首筋には、細い銀色のネックレスがある。
シャツならボタンを締め、礼装のジャケットを羽織れば見えない絶妙な長さだ。

「それはプラチナ……いやミスラル銀か? 何かの魔導具のようだが」
「んー! んんんんー!」
「もしや、説明を阻害する魔導具なのか?」
「んー!」

当たりらしい。
どうやら取って欲しいようだが、そう伝えることもできない設定らしい。

「随分と複雑な術がかかってるな。カーティスなら解けるか?」
「荒くれ者自慢の辺境伯家の息子に無茶を振らないでくれー」
「……仕方ない」

両耳のピアスのうち片方を外して石の部分を指先で摘まんだ。
いざというときの魔力調達用の魔石だ。

「大丈夫かそれ。アルフォート如きに使っちまってもったいなくないか?」
「魔力ならまた込め直せばいい。今はこの屑男の話に興味がある」
「屑っていうな!」
「「屑だろ」」

ピアスの魔石からチャージした魔力を指先に集めて、一気にアルフォートのネックレスを引っ張った。

「首っ、首が落ちるうううう!」
「……いっそ落ちてしまえば良いのに」
「ヒィッ!? 怖いよお前!?」

ともあれ魔導具らしきネックレスは千切れた。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く