炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

百合とBL要素はどうなった?

ところで、エスティアには恐れていることがある。

(ここは『乙女☆プリズム夢の王国』の特典ストーリーの世界。私はその特典ヒロイン。……百合とBL展開はいつ絡んでくる……の……?)

前世ではオタクといえない、ほとんど一般人のアラフォー女性だったミナコは、スマホ版乙女☆プリズム夢の王国を、それはもう戦々恐々としながらプレイしていた。

若い同僚たちから百合とBLが何かを教えられた時点で、もうキャパシティオーバーぎみだった。
かつて夢中でプレイした乙プリの大好きだった登場人物が、女性同士や男性同士の色っぽい展開になるのかどうしよう……と追加要素がいつ出てくるのかとても緊張していた。



ところが、だ。

(なかった。恐れていたほどはなかったのよ、百合もBLとやらも!)

カーティスやセドリックとのお茶会を終え、自室に戻ってきた。

エスティアは数冊のノートを取り出して確認した。前世を思い出してから今日までにまとめた、ミナコのことや乙女ゲームの内容を可能な限り書き出したものだ。

スマホ版に移植されたとき、本編ルートクリア後に百合モードとBLモードが課金購入できた『乙女☆プリズム夢の王国』。
復刻移植そのものがシリーズ三十周年記念だったこともあり、そのイベント感も後押しされて新旧ユーザーを含めて大炎上した。

主にSNSで。ゲームのニュースサイトで。
燃えに燃える様子はゲーム雑誌だけでなく、新聞各社も取り上げ、地上波のテレビニュースでも特集されるほど波乱を引き起こした。

炎上の火種になったのは、リアルタイムでプレイしていた前世のミナコと同年代の女性たちである。

『そもそも、男女の胸キュン恋愛を楽しむ乙女ゲームに百合もBLも不要!』

というのがその主張だ。
まったくもって同感だった。

百合を楽しむなら百合ゲーム、BLならBLゲームでいいじゃないかと。



だが、蓋を開けてみればどうなったか。

リリースされたスマホ版『乙女☆プリズム夢の王国』で課金解放された百合モードもBLモードも、その頃既に周知されていたほど〝それっぽい〟要素はなかったのだ。

それぞれ必要な課金金額は99円。このぐらいなら怖いもの見たさでプレイヤーたちは皆、ふつうに課金した。もちろん前世のミナコも。
何より、スマホ移植記念の完全新作の特典ストーリーは、百合とBLモードに課金し、本編と合わせて全部クリアしないと解放されなかったので。

本編をクリアすると、ゲームのスタート画面に白百合の花のアイコンと一緒に『乙女の秘密モード』の表示が出る。
クリックすると課金で購入できて、百合モードが解放される仕組みだった。

その百合モード『乙女の花園』は、乙女ゲームだった本編を、ダブルヒロインたちとその友人あるいはライバルの令嬢たち女性視点から追い直す内容だった。
ヒロイン以外は攻略対象の婚約者が多い。必然的に、本編では悪役令嬢的な女生徒となっている。

課金の百合もBLも、本編のようなストーリーパートと戦闘パート、日常パートのお決まりルーティンはなく、淡々とクリックだけで進んでいくノベルゲーム仕様になっていた。
選択肢も少なく、あらかじめ決められた本編の王道ルートをなぞるだけ。

前世のミナコもそれを知ってからは、百合やBLを恐れることなく各モードを最初からプレイし直している。

それぞれ本編を補完するエピソードの追加もあったので。

          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く