炎上乙女ゲー聖杯伝説~結婚当日に友人王女が婚約者を寝取って婚約破棄なので諦めてた初恋の隣国王弟の攻略に戻ります

真義あさひ(聖女投稿①書籍化)

攻略対象・隣国王弟セドリック

パラディオ伯爵家はエスティアの母カタリナの実家なので、伯爵代理の父テレンスと娘のエスティアの仲が悪くても、使用人たちは基本的にエスティアの味方だ。
ただし大っぴらに味方の姿勢を見せるとテレンスの機嫌が悪くなるので、表面上はドライに接している。

そんな使用人たちがこの三ヶ月、屋敷の中で慌ただしく動いていた。

「結局、明日が結婚式かあ。頑張って回避できないかと思ったけど無理だったな」

いわゆる、乙女ゲームの強制力というやつだろう。
まだこの先の出来事を元の乙女ゲームでプレイしていなかった前世を持つエスティアだが、そのぐらいは見当がつく。



そして婚儀の一ヶ月前から、婚約者のアルフォートは伯爵家で同居を始めた。
相変わらず女遊びに忙しそうで、ほとんど伯爵家にはいなかったが。

何とか婚約破棄したかったエスティアだが、ついに結婚式の前日となってしまった。

しかも招待状を送った同級生たちはほとんど自領の瘴気被害に追われて来られず、申し訳なさそうに断りの返事が来ていた。

集まったのは幼馴染みの隣領のカーティスともうひとりだけ。

(セドリック。エスティアが本当に好きだった人)

黒髪と透き通った薄い青の瞳の、厳格そうな顔つきの美青年である。
彫りの深い顔立ちで、前世ならハリウッド俳優と言われても信じてしまいそうな男性だった。

(これは落ちる。というかエスティア、私と男性の好みが完全一致!)

前世ミナコを思い出す前のエスティアも自分には違いないのだが、記憶にあったもうひとりの幼馴染みを見て、エスティアの胸の中に暖かくもかすかな痛みを伴う感覚が出た。

(エスティア。本当の本当にこの人が好きだったのね)

セドリックはカーティスと同じ、エスティアの幼馴染みだ。
隣国カルダーナの現国王の歳の離れた異母弟で、彼の姉の王姉がエスティアの母カタリナの学園時代の友人だった縁で親しくなった。

見た目通りとても厳格な性格で、学園時代は「行き遅れの女家庭教師のような性格」と陰口を叩かれていた。
それは暗に、彼を育てた歳の離れた姉が、王姉でありながら未婚の王女のままであることを揶揄したものだ。
セドリックは養母代わりとなった異母姉に、その厳しい性格がよく似ていた。

彼は先王の庶子だったが崩御前に認知され、隣国の王子となった男だ。
その経緯から自国では立場が不安定で、エスティアたちのプリズム王国の王都学園に留学をしていた。



「アルフォートの奴、来ないな」

サロンで談話しようと婚約者付きの侍従に伝言を頼んでいたが、待てど暮らせど来ない。
カーティスなど待ちきれず、テーブル上のアフタヌーンティーのサンドイッチを早々にパクついている。

「マリナ、アルフォートから何か連絡は来ていない?」

自分の年配の侍女に確認するが、困ったように「いいえ」とだけ。

「見てくるわ。先に二人で歓談してて」

仕方ない、自分が行って呼んでくるしかなさそうだ。
腰を上げたエスティアに、男二人はどちらもティーカップをソーサーに戻した。

「私も行こう」
「ん、俺も行く」

客人にそんな手間はかけさせられないと慌てるエスティアだったが、カーティスに宥められて三人で婚約者アルフォートの部屋に向かうことになってしまった。


          

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く