陽炎輝夜 ~真夏のかぐや姫~

月親

01.どんとこいな訪問者

 歯磨き、洗顔、着替えと朝の三大支度を終え、俺はさっき美月が言っていた郵便物を取りに行くことにした。
 で、発見。


「まだいたのか……」


 時間的に、てっきりもう飽きて他の場所に移動したものと思っていた。
 アパート特有の玄関ドア兼郵便受けから投げ込まれた郵便物の前に、体育座りでいた美月。彼女は俺を一度振り返って、それから床に散らばった株式会社なんたらかんたら等、一つずつ差出人を読み上げた。
 一通り読み上げた美月が、再び俺を振り返る。何故か大層、不服そうな顔で。


「木原泉様宛ばっかり。私のは無いみたい」
「あったら怖いわ!」
「幽霊にだけ見える『週刊 霊界通信』だとかで、天国までのアクセス情報が書いてあったり、そういうの期待していたのに」
「そんなものが来た日には、問答無用で追い出すからそのつもりで」


 迂闊に読んで寿命が百日縮んでしまうとかそういうの、俺は絶対にごめんだ。先程までの上機嫌は、もしかしなくともそれを期待してたわけか。
  さて、『週刊 霊界通信』は無いらしいから安心して郵便物を確かめるとしよう。散らばったそれらを掻き集め、拾い上げてから玄関マットに腰を下ろす。


「泉さん、何故体育座りですか?」
「お前もな」


 ハガキ三枚に封筒二通。『週刊 霊界通信』ではない小冊子一冊。見事なまでにダイレクトメールしかないでやんの。


「つまらん」
「つまる郵便物って何でしょう?」
「勿論、ラブレター」
「もらえるアテは?」
「勿論、無い」
「……ごめんなさい」
「そこで謝られた方が痛いんだけど」
「あ」
「あったのか?」
「……ごめんなさい」
「だから謝るなって、冗談なんだから。で?」
「外、誰か来たようです」


 美月がこっそりとドア越しに外の様子を窺う。ちなみにこの場合のドア越しは、少し開けてではなく、頭を通過させてのドア越しだ。なのでこちらから見ると、まるでギロチンで切り落とされたように見え――やべぇ、まるでじゃなくてすげー見えてきた。


「美月、戻れ。怖い」
「はーい。見つかったら大変ですもんね」


 見つからなくても俺のセンチな心が大変です。
 戻ってきた美月は、俺の隣に腰を下ろした。やはり体育座りで。
 何気に体育座りって楽だな、俺も気に入った。これからはテレビやビデオ鑑賞もこれでいこう。


「何人? どんな感じの人だった?」


 たちの悪そうな客は無視に限る。いつもは覗き穴を見るまで鬼が出るか蛇が出るかなので、今回ばかりは美月がありがたいかもしれない。


「一人みたいです。ニコニコしてました」


 一人でニコニコ? あ、怪しい……。


「新聞、宗教の勧誘はお断りだ」
「でも女の子はどんとこい」
「イエス」
「どんとこいの方ですよ」
「ああ、それなら一人でニコニコしてても、猫耳生えてても、ロボットでもいい」
「幽霊連れ帰っちゃうくらいですしね」
「俺的には「なんちゃって」発言のつもりだったんだけどな……」


 そうこうしている間に、ドアチャイムが鳴る。美月の「なんちゃってだったんですか?」と言いたそうな目を見なかったことにして、俺は覗き穴から外の様子を窺った。


あおいちゃんだ」


 土産袋を提げている。そういえば昨日で五泊六日の家族旅行から戻ってきたんだっけ。


「葵ちゃんて?」
清水葵しみずあおい十四――あ、今日で十五歳。アパート横の赤い屋根の家の子で、来年高校受験を控えているから俺が勉強を見てあげてる。控え目で素直で、丁度どこかの誰かさんと正反対にあたる素敵少女だ」
「誰かさんとは、もしや美月さんですか」
「イカにもタコにもその通り」
「む。あ、さては光源氏計画で未来の恋人に対する惚気ですね」
「ぐ、鋭い……確かにその予定だった。しかし俺の母校である県外の高校を受けるらしいので、俺の儚い夢がついえて先月独り涙したのだ」


 それでも葵ちゃんの素敵度数に変わりはない。今日も今日とて両手を広げて大歓迎だ。
  ――と、待てよ。


「美月、ドア開ける前に隠れてくれないか」
「修羅場るから?」
「あのな……」
「あ、幽霊だから?」
「先にそっちを思い当たるだろ、普通」
「そのことならたぶん大丈夫ですよ。私のこと見えたの泉さんだけだったから」
「俺だけ?」


 そういえば俺は昔からある意味感が良かったっけ。食玩のシールを集めりゃ同じキャラばっかり当たるし、テストでヤマを張ればそこだけ出ないし。


「ようするに美月は「俺の金返せ」な雑魚キャラシールだったのか」
「何の話でしょう?」
「気にするな、俺が納得しただけだ。とにかく見えないなら今はそれでいいや」


 うむ。細かいところはその都度、舌先三寸で切り抜けよう。決定。
  ではさっそく、非肉体派の俺でさえ壊せそうな頼りないチェーンと、遊び半分でヘアピンを差し込んだらあっさり開きそうな鍵に、しばしの休暇を与えるとしよう。
  チェーン、鍵、OK!(指差し確認) いざ!
 無駄に気合いを入れたところで、ガチャッとありがちな音を立てつつ……オープン ザ ドア。



「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く