陽炎輝夜 ~真夏のかぐや姫~

月親

02.気の合う二人

「いらっしゃい、葵ちゃん」
「おはよう、泉」


 おお、確かに一人でニコニコしている。けれど和む。怪しさなんて微塵も感じさせない。さすがは葵ちゃん。
 俺を見上げるその瞳は上質の黒曜石、肩で切り揃えられたサラサラの黒髪はサテンのよう。本気でそう思っていても、反応が怖くてこの熱き想いを伝えられない小心者の俺が恨めしい。


「あ、よかった起きてて。約束より一時間も早いからどうかなあって」


 それは一秒でも早く俺に会いたかったと? ズバリ俺のハートを鷲掴み。グッドでキュートだ葵ちゃん。


「そんなの全然大丈夫――じゃない、布団片付けてなかった。ごめん、ちょっと待ってて」
「じゃ、彼女とお話してるね」
「ああ、そうしてて――って!?」


 彼女? 彼女とは? ここで『彼女』と呼ばれそうなのは……でもまさか……


「初めまして、私、清水葵。よろしくね」


 在らぬ方向に深々とお辞儀する葵ちゃん。いや、正確には在らぬ方向ではないのだが。


「毎週、月水金、泉に家庭教師をしてもらってるんだ」


 曇りない瞳で『彼女』を見つめ、極上の微笑み全開の葵ちゃん。
 となるとこれはやはり……


「美月、見えてるぞ」
「見えてますね」


 何故そんなに落ち着き払っているのかね君は。
 はー、細かいところどころか、大元から舌先三寸を披露することになろうとは。


「えっと、葵ちゃん彼女は――」
「透けてるし、美月さんて幽霊?」


 ぐはっ、直撃!
 どうしてそうなる葵ちゃん。幽霊なんて非現実的なものをあっさり受け入れてしまうなんて。そりゃあ美月は透けてるけど、透けてるだけで幽霊に決めつけるのは――ほら、そのなんだ、他にも……
 あー、ほれ……
 ……。
 俺も幽霊以外思いつかねー!


「美月、バレてるぞ」
「バレてますね」


 ええいっ、だから何故そんなに落ち着き払っているのかね君は!


「うーん、おかしいですね。泉さんに会うまで声を掛けても誰も答えてくれなかったのに」
「それ、見えてなかったわけじゃなく、単に不親切な人だっただけじゃ?」
「あー、その可能性もありますね。あはっ」
「「あはっ」じゃない」


 駄目だ、こいつ。


「泉さん、こうなったらかくなる上は――」


 お、秘策有りか?


「葵さん、このことは「しーっ」でお願いします」


 ガクッ
 創作ダンスよりも解りやすい落胆の表現だったと思うぞ、今の俺は。


「うん。「しーっ」ね。わかった」


 こっちも負けじとふたつ返事で了解しちゃいますか。


「じゃ、話もまとまったところで泉さん、心置きなく布団片付けに行って下さい」


 美月と葵ちゃんが、同時にこちらを向いてにっこりと笑う。次いで、同時に体育座りで向かい合わせになり、談笑を始めてしまった。
 なんて早い意気投合……葵ちゃんとは、彼女が生まれたばかりの頃からの付き合いだってのに、俺の立場は一体……


「なんだか葵さんとは気が合いそうな気がします」
「私もー」


 俺には俺の使命がある。布団を片付けるという使命が。立ち止まっている暇は無い。さあ、歩くんだ。右、左、右、左。


「やっぱり紅茶派ですか?」
「うんうん」


 よし、目標補足。直ちに撤去作業に移る。


「美月さんは好きな食べ物って最後派?」
「そうですね」


 布団四つ折、その上に枕とタオルケットを装着、そして仕上げは足で開けた押入れに放る。
 任務完了! 帰還する。


「葵さんの好きな男性のタイプってどんな方ですか?」


 なにぃ!?
 こらこらこらこら、いきなりなんて話題を始めるんだ!


「そうだなあ……」


 戻るに戻れない。どうする俺。


「うーん……」


 まずい。朝食がまだなものだから俺の過剰な生命維持装置(腹の虫)が作動しそうだ。嗚呼、早く答えてくれ葵ちゃん。この際いっそ「わかんないな、てへっ♪」でもいいから。


「きっと、美月さんと一緒だよ」


 ここまで引っ張ってそう来るか!


「やっぱり気が合いますね」


 そうだね。そういう流れの会話だったね。葵ちゃんは悪くないね、うん。
 肩を落としながら、再び玄関へと向かう。


「あ、泉さん終わりました? って、なんか顔も終わってますけど」
「俺の思考力じゃ、まだまだ世界に羽ばたけないと痛感しただけさ……」
「はあ、そうですか。で、首尾はどうでしょう」
「そっちは上々。二人とも上がって」


 ここでも同時に立ち上がった二人に、俺はそう答えながら先導した。



「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く