没落貴族の異世界領地経営!~生産スキルでガンガン成り上がります!

武蔵野純平

第60話 目指すは、お魚パラダイス!

 夜になった。
 俺はエルフのシューさんに頼んで、コッソリと屋敷を抜け出した。
 暗い中、シューさんは魔法の杖の先を光らせて、俺を先導してくれる。

「ノエル。何をするの?」

「屋敷から海まで、土地の魔力を抜いておきます」

「なるほど。海を使えるようにする?」

「そうです。ダークエルフたちが海で活動しますからね」

 ダークエルフのミアさんが連れて来たダークエルフたちと交流をしたが、全員優秀な船乗りだった。
 ミアさんの妹ショコラちゃんですら、帆を畳むなど船上の仕事は一通り出来ると聞いて驚いた。

 何でもダークエルフの里は海に面していて、若いダークエルフは船に乗って漁に出たり、素潜り漁をしたりするそうだ。
 年老いたダークエルフは、畑をやったり、岩場で漁をしたりする。
 暮らしぶりは漁村だ。

 ならば、俺の領地でも同じように暮らして欲しい。
 漁をして海産物をとってくれるなら非常に嬉しい!
 産業が増える、税収が増えるというのはもちろんだが、食材のバリエーションが増え、料理のレパートリーが増える。

 魚とか、貝とか、ウニとか……。
 俺の領地ではオリーブを生産しているので、オリーブオイルを使った魚介料理なんてどうだろう?
 前世日本のイタリア料理だな。

 それに海苔や昆布も欲しい!
 ひょっとしたら日本食を再現出来るかも!
 ああ……夢が広がる!

 その為には、ダークエルフたちが安心して暮らせる環境を準備しなくてはならない。

 すなわち領主屋敷のある開拓村から海岸までを、魔物の出ない安全地帯にしなくては!

 魔の森から魔力を引っこ抜けば、普通の土地に戻り魔物は寄りつかなくなる。
 ここから海まではかなりの距離があるが……。
 俺はお魚のためには、残業も辞さない食いしん坊……ゴホン! 働き者の領主なのだ!

 海の幸にかける俺の熱い思いをシューさんに語ると、シューさんは熱心にうなずいた。

「海の魚は美味しい。私も食べたい。海まで開拓することに賛成する」

「では、早速やりましょう!」

 俺は領主屋敷から海へと続く道に立ち、南側に生い茂る魔の森に手をかざした。
 生産スキルを発動する。

「スキル発動! 【マルチクラフト】!」

 生産スキルが、すぐ生成プロセスに入った。
 俺の左手から金色の光が渦を巻いて飛び出し、魔の森を飲み込む。
 金色の光の渦は魔の森から魔石生成に必要な魔力を抽出し、七色の光りが俺の右手から溢れた。

 拳大の魔石が右手に現れる。
 魔の森から吸収した魔力が結晶化した物だ。
 俺は魔石を地面に広げたマジックバッグに放り込み、次々と魔石を生成する。

「さあ、ドンドンいくよ!」

「お魚! お魚! ノエル! 頑張れ!」

 生産スキル【マルチクラフト】が、魔の森の地面、地中、空中から魔力をかき集め魔石を生成する。
 俺の右手から次々と魔石が生成され、マジックバッグに吸い込まれる。
 五分ほどすると、生産スキルが停止した。

 俺の様子を見て、エルフのシューさんが呆れる。

「相変わらず化け物じみている」

 俺は気にしないで、次の作業に移る。

「北側の斜面も処理します」

 こうして、街道沿いの魔の森を普通の森に変化させ、海岸も広範囲で魔力を抜いた。
 海底の魔力も抜いておいたので、海の魔物は近づかないだろう。
 大ダコを丸かぶりしていたシーサーペントさんには、ご遠慮いただきたいからね。

 作業が終る頃には、周囲が白んできた。
 もうすぐ夜明けだ。

 シューさんが、大きなあくびをした。
 俺も頑張ったが、シューさんも護衛を頑張ってくれた。

「眠い……」

「もうちょっと頑張って! 船を海岸に置いたら終了です!」

 俺は昼間工房で作ったスーパーヨット――海のF1と呼ばれるF50を、特製の大容量マジックバッグから取り出して海岸に置いた。

 一眠りしたら、ダークエルフのミアさんたちを案内しよう。
 きっと驚くぞ!

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品