没落貴族の異世界領地経営!~生産スキルでガンガン成り上がります!

武蔵野純平

第11話 脱出! 王都屋敷!

「ネコ野郎……!? みーちゃんは、女の子ニャ! 怒りのネコパンチを喰らうニャ!」

「うわああ!」

「始末しろ!」

「シャアァァァァァ!」

 敷地の外でみーちゃんとチンピラがもみ合う声が聞こえる。

(急がなきゃ!)

 俺はひたすら手を動かし、屋敷の解体を続ける。
 スキルで屋敷を素材ブロックに生成し、マジックバッグに収納する。

 あともう少し……。
 もう少し……。

「よし! 終った!」

 エトワール伯爵家の王都屋敷は、消えてなくなり、ガランと何もない更地が残った。
 俺は全力で馬車へ走る。

 執事のセバスチャンに大声で叫ぶ。

「終った! 出せ!」

「かしこまりました!」

 馬車の扉を開いて、キャビンに入ると妹のマリーが目を覚まし怯えていた。
 妹のマリーが、俺に抱きつく。

「お兄様!」

「大丈夫! 大丈夫! 大丈夫だから!」

 馬車が動かない。
 どうした?

「セバスチャン! どうした?」

「ノエル様! これはどうやって動かせば?」

「ああ! わかった! 俺がやる! ゴーレムよ! 走れ!」

 俺が馬車の窓から身を乗り出した命令すると、馬型のストーンゴーレムが動き出した。
 加速が凄い!
 あっという間にトップスピードだ。

「ゴーレムよ! ライトを点けろ!」

 光属性の魔方陣でゴーレムの目が光るようにしてある。
 俺の命令を受けて、ゴーレムの目が光り、前方を明るく照らした。

 執事のセバスチャンが感嘆の声を上げる。

「おお! 素晴らしい!」

 馬型ゴーレムはトップスピードになった。
 ガタガタと馬車が激しく揺れる。

 妹のマリーが悲鳴を上げた。

「キャア!」

「マリー! しっかりつかまるんだ!」

 前世日本の自動車を基準にして時速四十キロを『馬型ゴーレムの走る速度』に設定したが失敗だ!
 速すぎる!
 ガタガタと揺れが凄い!

 俺は馬車の窓枠を必死でつかみ、外へ向かって怒鳴る。

「どけどけ! ひき殺されるぞ!」

 暗闇の中でチンピラたちが驚く声が聞こえた。

「おわ!」
「何だ!? 光ってるぞ!?」
「馬車だ! 前に出て止めろ!」

 だれだ! バカな命令を出したヤツは!
 俺はすぐに大声で警告する!

「こいつはゴーレムだから止まらないぞ! 本当にひかれるから、どいてくれ!」

「マジか!?」
「冗談じゃねえ!?」
「お頭! 無理でしょ!」

 チンピラどもが道を空けたようだ。
 馬型ゴーレムに牽かれた馬車は、エトワール伯爵家王都屋敷の敷地から外へ出た。

 ガタガタ揺れる車内で、俺はみーちゃんに必死で呼びかける。

「みーちゃん! 飛び乗れ!」

「ニャアーーーー!」

 箱型馬車の中に人が飛び込んできた。
 みーちゃんだ!

「みーちゃん、無事か!?」

「大丈夫ニャ! それより、この乗り心地は何とかならないかニャ!」

「少し我慢して! 襲ってきた連中から離れたら速度を落とす!」

「マリーが吐きそうニャ!」

 暗い馬車の中で妹のマリーが『うう、うう』と、うなっているのか聞こえた。
 だが、速度は落とせない。
 チンピラ連中から逃げなければ……。

「マリー! もうちょっと頑張れ!」

 マリーは返事をする余裕がない。
 俺の声が聞こえているかもわからない。

 馬車の車輪が王都の石畳を削る。
 石の継ぎ目を車輪が拾い、箱馬車が細かに揺れギシギシ音を立てる。
 車体が保つか……?
 自分のスキルで作ったとはいえ、これだけ揺れるとさすがに不安になる。

「みーちゃん、後ろを見てくれ!」

「ニャ! 追っ手は来てないニャ! 大分離れたニャ!」

「わかった! ゴーレムよ! 歩け!」

 馬車の速度がガクンと落ちた。
 歩く速度は、時速十キロだ。
 人が歩くより速い。

 カツカツカツと馬型ゴーレムが石畳を叩く小気味よい足音が響く。
 馬車の揺れも先ほどよりはマシになった。

「ゴーレムよ! 右に曲がれ!」

 俺は馬型ゴーレムに大通りを右に曲がるように指示した。
 御者席から執事のセバスチャンが、心配そうに聞いてきた。

「ノエル様。街道へ向かうなら左ですが?」

「ああ、ちょっと寄り道するよ」

「寄り道? どちらへ?」

「王宮へ! ちょっと仕返ししてくるよ!」

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品