魎魑魑魅魍魍魅

はりまる

8話

どうやら野営していたら捕まったみたいだ。手と足が何かで結ばれて、目と口も塞がれている。
何故だ?透視をしてみる。
何か座っている人がいる。身体つきからして女か…ラッキー…でもないか。
モゾモゾ動いて音を出してみる。
座っている人は動かない。どうやら眠っているのか気づかないのか。
音を聞くに誰かがいるとも思えない。
反響音があることからどこかの中ではあると思う。地面は冷たい。
手首を締めているものを火魔法を使い、炙っていく。
少し焦げる匂いがする。透視しながら様子を伺う。
ふらっと座っている女性?が動く。
火を消し、再び寝たふりをする。
どうやらジャーギング現象だったみたいだ。再び火を使い炙る。
手首が少し熱いが我慢する。
プスっと切れ、手が自由に動く。目と口を塞ぐものを外す。
周りを見るとどうやらどこかの倉庫のようだ。
足首を縛っている縄を解く。
静かに立ち上がりながら注意して辺りを見回す。
どうやら今は朝になる前、おそらく4時くらいだろう。外が少し明るくなりかけている。
荷物を見つけ、回収。扉を探す。
どうやら座っている女性が見ている方向の扉が入り口であり、出口なようだ。
他の荷物があるのか隠れようと思えば隠れるのだろうが、他の仲間が帰ってくるかもしれない。こういう時はさっさと帰るに限る。
足音を殺しながら扉の方へ向かう。
そろ〜り、そろ〜り。
「う〜ん」
その声にハッとする。ゆっくり振り返ってしまう…。
どうやら、寝言のようだ。
振り向き直し、扉に手をかけようとすると
ガタガタ!と小刻みに揺れる。
あ、終わった。目を閉じ、座り込むが…特に何もない。
エイト(ふぅ…)
扉に手をかける。どうやら横に引く扉なようで、開けようとする。
せーの!
「何をしてるの?」肩に何かが乗っている。
目の前が真っ暗になった。

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く