魎魑魑魅魍魍魅

はりまる

6話

『土魔法!!!』
オーガの体が傾き、エイトのすぐ隣に大金棒が振り下ろされる。
地面は大きく凹む。
体勢を崩したオーガは穴へ傾れ込む。
どうやら土魔法で軸足の下が軽く傾いたようだった。
息を切らしながら、穴に落ちたオーガを見る。
頭から落ちたのか、今のところ意識はなさそうだ。
穴から離れ、樽を持ってくる。
2つの樽を蹴り、穴へ落とす。
樽からは油が染み出す。
火炎瓶に火をつけ、穴の中へ放り投げる。
異常を察知したのかオーガが起き出すが、身動きが取れないのか、暴れている。
穴から離れ、粘土球の入った籠を持ってくる。
エイト「これからはこっちのターンでいいんだよなぁ」
オーガの股間へ粘土球を全力投球する。
クリティカルヒット!
今までを思い出す。どんな魔物にも弱点や急所はある。オーガがたまたま男の子と一緒なだけだ。
粘土球は百発以上ある。
エイト「お前がした所業を全て数えろ!」
一発一発丁寧に全力投球する。
五十発投げた辺りから肩が痛くなってきた。
ポーションを使い肩にかける。多少の痛みが引いたところで再び投げ始める。
火が消えそうになれば油を追加する。
七十七発を投げたあとオーガの声も聞こえなくなってくる。
動かなくなったオーガを見て、長いパイプを用意し、オーガの近くに入れる。。
オーガの上に土を被せ、見えなくなったら、パイプにドロッとした粘土を注ぎ込み、パイプを熱する。
表面の粘土が固まったらそのまま放置をする。
エイト「それじゃ…帰りますか…」
宿に帰り、深い深い眠りにつく。

オーガが埋まっていたであろう穴の中にはオーガの姿はなく、大金棒と魔石だけが穴の中に転がっていた。
霊「やるじゃん」
エイト「まぁな」

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く