魎魑魑魅魍魍魅

はりまる

5話

さらに深く、さらに大きくしていくことによって大きな穴ができてきた。
元々あった穴が一つ、また一つと合流し、どんどん大きな穴になっていく。
闇魔法をレベルが上がって、個別から少数になった。
少しずつであるが、手応えに変わってくる。
魔物を倒した初日に比べ、だいぶ様になってきた。
硬い地層もレベルが上がったおかげで掘れるようにもなってきた。
粘土球もたくさん出来てきて、頭部に当てれば一撃で倒せる時もある。
それほどこの粘土球は硬い。
全然割れる気配がない。
そろそろだろうか。あのクソでかオーガが入る大きさになっただろう。
10個あった独立した穴が全て繋がった。
エイト「あいつを倒して…揉んでやるんだ!」
オーガを探しに向かう。
大きさがあるため、1時間で見つかった。
あとは誘き寄せるだけである。
遠くから小石をぶん投げる。
見事外れ、向こうは気がつかない。
もう一度、小石をぶん投げる。
今度は見事に顔にぶち当たる。ダメージはほとんどないようだ!
怒ったオーガはこちらを見つけ、走ってくる。
距離を保ちながら、来た道を戻る。
ある程度離れると元の位置に戻ろうとするので何度も小石を投げ、当てる。
そうして穴があるところまで来た。
エイト「あとは闇魔法で暗闇状態にするだけだ!」
近づいてくるオーガに闇魔法をかける!
エイト「くらえ!」
Resist
エイト「ん?」
オーガは穴に落ちず回ってくる。
エイト「これって…万事休す…?」
穴の周りを回りながら逃げる。ひたすら逃げる。いくら闇魔法を使っても暗闇状態にはならない。
だんだん体力が無くなってくる。
足が重い…オーガの動きが速く感じる。
オーガが大金棒を振り上げる。振り下ろすまではそう時間はないだろう。
エイトは最後の力を振り絞り叫ぶ。

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く