魎魑魑魅魍魍魅

はりまる

2話

エイト「ふぃー。なんとか逃げ切ったぜ。楽勝!」
霊「何逃げてんだヨォ!」
エイト「ヒィぃ!」
霊「早くあのオーガを倒しなさいよ!」
エイト「いや、一緒になるのがオチだから。まだ霊になりたくないから」
霊「はぁ?」
エイト「いつかは倒す。だが今じゃない。OK?」
霊「はぁ…それじゃ倒すまであんたに憑くから」
エイト「ご遠慮させていただきます」
霊「はい、無理―」
エイト「いや、マジで…プライベート無くなっちゃうじゃん…」
霊「知らないけど。倒してくれるんでしょ?」
エイト「ほら、他の人が倒しちゃうかもしれないじゃん?その人にお礼してあげた方がいいんじゃない?」
霊「この辺りには魔物を倒そうとする人はいない。あのオーガはこの辺りのボスだからこの辺りで倒せる人もいない。お分かり?」
エイト「それじゃ一生霊のままだね。お疲れ様。それじゃ!」
霊「いくら逃げてもあんたの体に憑いたからどこに逃げてもダメよ。場所はすぐわかるんだから」
エイト「俺のプライベート…」
霊「さっさと強くなってオーガを倒せばいいのよ」
エイト「無理ゲーだって…」
霊「私が憑いたことで特殊な魔法が使えるはずよ」
エイト「え?透視と…闇魔法?」
霊「私の生前に使えた魔法よ」
エイト「どんな魔法なの?」
霊「自分の目で確かめてみなさい」
エイト「だっるぅ…」
霊「は?」
エイト「さぁて、魔物を狩りに行ってみるかな〜」
霊「ほらさっさといけ!」
エイト「ヒィ!」

エイト「ゴブリンがいるな…いけ!闇魔法!」
ゴブリンが暗闇状態になった!
エイト「攻撃魔法じゃねーのかよ!」

コメント

コメントを書く

「文学」の人気作品

書籍化作品