魎魑魑魅魍魍魅

はりまる

1話

俺は30歳を超えた魔法使い!
こんな俺でも好きな人はいる!
そう。2Dの世界に!
それを求め、今日も俺はひたすら働く!
そしてKAROUSI☆
やっと君に会えるね!

エイト「なんだ、これが異世界か…」
草原を見渡す。
俺の名前はエイト。
仕事のしすぎで過労死してしまった。パソコンに残っている画像は大丈夫だろうか…
職業は生前と一緒の魔法使い。男なら誰でも一度は使ってみたいだろ?
魔法として透視が使えるんだが、これがまた厄介なことで…
?「何みてるの?」
こいつは見えてはいけないモノ、いわゆる霊的なやつである。
おかしいよね?これ見えちゃいけないやつだよね?なんでこんな草原の真ん中にいるんだろう?
霊「いやぁーここでモンスターに殺されちゃってさぁー困ったもんだよねぇ」
どうしてだろう。なぜか勝手に心を読まれている気がする。怖いなぁ。可愛い女の子の霊なんだけど、揉ませてくれねぇかなぁ。2Dが無いと致し方なく小さなモノでも触りたくなってしまう。
霊「いいけど、私を殺したモンスター倒してくれたらね?」
エイト「え?いいの?マジで?」
霊「聞こえてるじゃん」
エイト「やべ」
霊「それじゃモンスター倒してきてくれる?」
エイト「そのモンスターってなんなん?」
霊「え?今あんたの後にいるじゃん」
エイト「…」無言で後を振り向く。
そこには大きめのオーガがお一人。
エイト「え?これ?」
霊「ほら、あの金棒見てみてよ。血べったり着いてるじゃん?」
エイト「いや…これは無理でしょー!」思いっきりダッシュをして逃げる。
霊「逃げんなこの野郎―!」
オーガと霊が追ってくる。
エイト「異世界に 転生したら 魔法使い」オーガが遅かったのか逃げ切れた。

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く