すべてを奪われ忘れ去られた聖女は、二度目の召喚で一途な愛を取り戻す〜結婚を約束した恋人には婚約者がいるそうです〜

四葉美名

28 アンジェラ王女とエリック カイルSIDE

 
「おはよう! 大聖女サクラ」
「師匠……いい加減からかうのは止めてください!」


 ケセラの町から王宮に戻り、もうこの会話のやり取りも何度目だろう。サクラは飽き飽きしているようで、ジャレドをジロリと睨んでいる。それでもそう呼ぶのは彼だけじゃない。むしろ今回の事件を知らない人たちほど、サクラを聖女ではなく「大聖女」と呼んでいるのだ。


「そりゃあ、魔法陣もないのにサクラ一人の力で結界を張り直したんだよ? しかも今回の結界は内側だけじゃなく外にも影響があるからね。隣国のサエラからは瘴気が減っていると感謝の手紙が来ているよ」


 サクラの作ったあの虹色の結界は、この国だけじゃなく外国にも影響を与えるすごいものだった。彼女に言うつもりは全くないが、アルフレッド殿下には隣国からサクラに結婚の打診があったらしい。


(殿下と婚約していないことでサクラに相手がいないと思ったらしいが、ケセラから帰った当日に婚約して良かった……)


 しかし彼女のなかでサエラ国について思うことは、結界で感謝されることよりも別のことらしい。ほんの少し顔を曇らせ、言いづらそうに話し始める。


「……サエラ国といえば、アンジェラ王女の結婚は取りやめになったのですか? エリックも今はどこに?」


 あの二人に関しては、すべてジャレドが後始末をしてくれた。あの日かなり遅く合流したジャレドから聞いたところによると、すぐにアルフレッド殿下に連絡し二人は捕縛されたらしい。


 その後のことも俺はもちろん知っているが、サクラは知らない。いや知らなくていいと思っている。しかしなにも説明しないままも良くなかったみたいだ。彼女はのらりくらりと質問をかわす俺ではなく、ジャレドに聞くことにしたらしい。


 罪人の罰など知ってほしくない俺が眉間にシワを寄せると、ジャレドはそれを見てフッと笑い、サクラに説明し始めた。


「ああ、そりゃ気になるよね。怖がらないで聞いてほしいのだけど、アンジェラ王女たちは術返しにあったみたい。口封じの呪いは術を壊したのではなく俺が吸い取ったから良かったけど、忘却の呪いは結界が壊れたからね。魔術がそのままあの二人に返ってきたみたいだ」


 それを聞いたサクラは「そうなんですか……」と呟き、さほど驚いていないようだった。ジャレドもそれに気づいたようで「驚かないの?」と聞いている。


「私の国でも諺で悪いことをしたら自分に返ってくるとか、術を使ったらそれが破られて呪ったほうが苦しむという話があるんです。もちろんこの世界みたいに本当の魔術じゃなくて、おとぎ話みたいなものですけど。なんとなく予想はしていました」


 サクラはふうっとため息を吐くと、そっと俺のほうに近寄った。やはり聞いたら怖くなったのかもしれない。俺が彼女の肩を抱き寄せると、胸に頭をのせ寄りかかっている。


「でも魔術が返ったということは、二人に忘却の呪いがかかったのですか?」

「ちょっと違うかな。二人は高熱が出て、今までの記憶がないみたいだ。だから話が通じない状態でね。仕方がないから王女は王宮の離れにある塔に一生幽閉となるだろうね。エリックもここからかなり遠い場所にある牢屋で過ごすだろう」
「そうですか……」


 あんな目にあったのに、サクラは二人のことを考え落ち込んでいるようだ。犯罪を犯したとはいえ、後味が悪い結果を知るのは嫌なのだろう。


 慰めるように彼女の頭をなでるが、サクラはなかなか気持ちの切り替えができないようだ。暗い顔でため息を吐いている。するとそんな重い空気の部屋の扉が開き、アメリの明るい声が響いた。


「サクラ様! そろそろ結婚式のお衣装合わせですよ!」


 その瞬間、サクラの顔がパッと明るくなった。そして大きく深呼吸をすると、アメリのほうを振り返る。


「そうだった! ありがとう、すぐ行くね! じゃあカイルまたね。師匠もブルーノさんもまた夕食で!」


 俺の腕からスルリと抜け出すと、サクラの興味はアメリに移ってしまった。二人は「素敵なドレスがいっぱいですよ」「楽しみ!」と、きゃあきゃあ騒いで楽しそうだ。残念だが今回は俺よりも、親友との楽しい時間が彼女には良かったみたいだな。


 しかし反対に暗い顔をしているのがブルーノだった。お茶の準備をしながらため息を吐き、なにか言いたそうにジャレドを見ている。もちろんその視線に彼が気づかないわけがない。


「どうしたんだい、ブルーノ。この結末は不満かい?」


 ほんの少しからかいの色が混じったジャレドの言葉に、ブルーノはさらに眉間にシワを寄せる。


「だってそうでしょう? 自分たちがした行いを覚えておらず、ただ幽閉されて終わりだなんて。エリックはまだしも、王族であれば良い食事や衣服を与えられます。サクラ様にした仕打ちを考えると、私はとても許せないのです!」


 ブルーノはいつも穏やかで優しい青年だ。こんな声を荒げ、怒る姿を初めて見た。ジャレドはそんな彼を見て笑っているが、その笑顔の奥には薄暗いなにかが感じられた。


「おいおいブルーノ、君も教会の者だろう? それならさっき僕がサクラに伝えたことが嘘だって見抜いてくれなきゃ」
「え……? 嘘だったのですか?」


 ジャレドは湯気が立つお茶をふうふうと冷ましながら、ブルーノを見上げる。


「そうだよ〜嘘も嘘。サクラの聖魔力を利用した呪いをかけたんだよ? しかも二人は自分たちの記憶を留めておくために、魔法陣を書くインクに血を混ぜていた」
「そ、それでどうなったのですか?」


 ブルーノの急かすような声に、ジャレドの目がほんの少し光った。


「聖魔力というのは神から授かったものだ。どういうわけか僕ももらっちゃったけど。その聖なるものを悪用した二人はね、今頃いっそ殺してくれってほどつらい目にあってるよ」


 ゴクリとブルーノが喉を鳴らす。静まり返った部屋で、ジャレドだけが優雅にお茶を飲んでいた。


「二人は今、サクラが味わった口封じの呪いの痛みや、処刑される死の恐怖を体験している。しかも繰り返しね。あまりの苦しさに気絶して、また起きたら痛みが襲う。そうやって今もきっと、のたうち回って苦しんでいるよ」


 その光景は、昨夜俺が見たものだった。アルフレッド様の護衛として二人の様子を見に行ったのだが、彼らはずっとサクラやジャレド、そして目の前にいる殿下への恨み言を叫んでいた。


「てっきりね、僕は二人に魔術がかかってるんだと思ったんだよ。でも違った。魔術の痕跡がないんだ。陛下に解呪してくれと頼まれたけど無理。俺にはできないんだよね。できるとしたら神様だけなんだよ」


 その陛下も明日には退位される。明日からは王族の領地でひっそりと暮らされるだろう。王女やエリックがサクラにしたことは国民には知らされていないが、この国の要人たちは知っている。きっと噂として貴族あたりまでは知っているのだろう。


 そのせいか王宮はもちろん、国中が殿下の即位でお祭り状態だ。その際にサクラも大聖女としてパレードをやろうと殿下が言い出したが、彼女は「絶対に嫌です!」と断っていた。


「僕たちが二度目の忘却の呪いにかからなかったのも、神様の仕業かもね」


 あの後サクラから二度目の忘却の呪いの話を聞いた時の、皆の怒りは凄まじいものだった。一人連れ去られたあの寂しい森で絶望に陥った彼女の気持ちを考えると、俺は王女たちが神の怒りを買って当然だと思っている。


「まあ、神も無慈悲じゃないから、二人が本当に反省したら治るかもしれないけど〜」
「それは難しいだろう」


 反省どころか未だに自分たちがなにをしたのか理解すらしていないのだ。神の許しが訪れるとはとうてい思えない。俺がきっぱりとそう言うと、ジャレドはニヤリと笑って「だよね〜」と言ってお茶を飲んだ。


「おや? カイルはそろそろサクラの元に行ったら? きっと今頃サクラと少しでも話したい人が来て困っている頃だよ〜」
「しまった! それでは失礼する!」


 二人がニヤニヤした顔で俺を見送っているが、いつものことなので気にもとめない。俺とサクラの仲が良いということが知れ渡っているほうが好都合なのだ。案の定サクラが衣装合わせをしているという部屋に行くと、アルフレッド殿下が彼女に会いに来ていた。


「あっ! カイル!」
「殿下! 俺より先に彼女のドレス姿を見ないでください!」
「え……一番先に言う言葉がそれかい? 非番とはいえひどいな」


 サクラの隣にいるアルフレッド殿下を見るだけで、胸がキリキリと痛む。王宮にいる時のサクラは、貴族女性が着るような豪華なドレスを着ているので、俺以外の男と並ぶ姿は心臓に悪い。


(ぐっ……! 二人が並ぶとなんて絵になるんだ。しかも顔を見合わせ笑い合って仲睦まじく見える!)


「ほら来ただろう? カイルは君なしでは生きられない体だからね」
「もう、変な言い方しないでくださいよ。カイルはそんな人じゃ――」
「いや、そういう人でいい。だから殿下、サクラの隣にいないでください」
「カイル、性格変わってないか?」


 俺の態度に殿下は呆れ、ケリーやアメリはニヤニヤと笑っているがどうでもいい。ちゃんと結婚をするまでは不安でしょうがないのだ。一度そう殿下たちには伝えたのだが「結婚後も一緒だと思うぞ」と言われてしまった。


 そんな殿下は「カイルは本当にからかいがいがあるな」なんて笑いながら、ようやく執務室に戻っていった。


「それでドレスは決まったのか?」
「うん! 初めからイメージがあったから、すぐ決まっちゃった」


 アメリが気を利かせてくれ、俺たちは外のテラスでお茶をしながら話をしている。当たり前のように手をつなぎ顔を寄せ合って話す姿を過去の俺が見たら、驚いて自分じゃないと言い出すだろう。


「あのね、私のいた世界では結婚式の時は白いドレスで、お花のブーケを持つの。でもドレスは用意できるんだけど、私が持ちたい花はブーケには向いてなくて。それでドレスを白じゃなくて、そのお花の色にしようって決めたんだ」


 かたくなに「お花」とこだわる彼女の言い方で、すぐにその花の名前がわかった。


「それはもしかして『サイラ』のことか?」
「えっ! すごい! カイルよくわかったね!」
「わかるさ。サクラとサイラは似てる花だって教えてくれたじゃないか。それに記憶がない時に仮の名前にもした」
「うん……」


 俺は握っているサクラの手に力を込める。


「それにプロポーズした時に、結婚して女の子が生まれたら名前はサイラがいいなと話した時があっただろう?」


 その言葉にサクラが顔を上げた。一番覚えていてほしかった会話なのだろう。頬を染め潤んだ瞳で俺を見つめている。俺にとっても一番大切な思い出で、サイラは大切な花だ。


(満開のサイラの下で君にプロポーズをしたのだからな……)


「あの仮の名前をつけた時ね、その会話も思い出したの。それでもうすぐサイラの花が咲くでしょう? だから薄いピンク色のドレスがいいかなって」


 結婚式を執り行うのはもちろん聖教会だ。司教様自らが執り行い、教会側も張り切って準備している。その頃には教会の庭にもサイラの花が満開になっているだろう。


「良い結婚式になりそうだな」
「うん! みんなで楽しく過ごせる時間にしたいの」


 俺たちは笑いあい、そしてお互いの気持ちを確かめ合うようにぎゅっと手を握った。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品