閉じる

息子を奪われた闇堕ち元王妃は、偽りの家族愛に絆されて真実の家族愛を取り戻す ~呪いはマナを、やぶれない~

江東乃かりん(江東のかりん)

2-03話:忌まわしき焼却炉

 王子の食事が終わると、リコリスは食器を下げた。
 その後は、昼食の準備に取り掛かる前に時間が生まれた。
 離宮内の位置関係を把握しようと、辺りを見回しながら廊下を歩き回り始めた。

(敷地内をまんべんなく歩いてみると、思ったより広いのね。それに……使用人の数も随分と多いわ)

 ふと窓の外を見ると、離宮を守護する騎士と侍女たちが複数人も、呑気に語り合っている姿が目につく。
 近くでは、木陰で居眠りをしている者も見受けられる。
 彼をよく観察してみると、昨日厨房で酒盛りをしていたのと同じ顔触れだった。

(人数が多い割には、真面目に勤めてないひとばかりね。こんなにも人員が必要なのかしら。これではまるで、不良の溜り場だわ)

 一通り見回りをした彼女は、アネモスの部屋の清掃に取り掛かるために掃除道具を探しに戻る。

「あ……。あのひとは……」

 すると、先日リコリスをリネン室に案内した侍女が、洗濯籠を持って室外に出るところを発見した。
 洗濯籠は、朝にリコリスが王子の着替えを放り込んだ籠と同じ形状をしている。

(よかった。ちゃんと洗濯をしてくれるようね。あの衣類だけは管理が別になっていたから、放置されるのかと思ったけど……あら?)

 しかし、どうにも侍女の様子が不自然に感じたリコリスは、先ほど把握したばかりの離宮内の位置関係を脳内で描き出した。
 最初は洗い場に向かうと思われた侍女だが、全く別の方向へと歩いているようだ。

(この方角には洗い場はなかったはず。洗濯をしに行くのではないの……? それなのに何故、洗濯籠を持っているのかしら……)

 侍女の様子が気になったリコリスは、彼女の後を隠れて尾行する。
 建物から出て、裏手に回ったと思うと、次第に薄暗くひとけの少ない場所へと向かっていく侍女。
 遠くない記憶に残るような陰気な気配を感じて、怖気が走ったリコリスは足を止める。

「ここは……」

 侍女が辿り着いたのは、彼女にとって因縁深い場所。
 いまだその姿が目に焼き付いて離れない、赤子の焼死体を発見した……忌まわしき焼却炉だった。

「あ……」

 動悸が早くなっていくのを感じたリコリスは、胸に手を当てて近くの壁に手をついて侍女の行動を凝視する。

(どうして、こんなところに……!?)

「今日はいつもより少ないわね? まあいいわ。こんな薄暗いところに長居したくないし、手早く済ませましょ」

 リコリスが遠目で監視する中で、侍女は独り言ちると焼却炉に王子の衣類を籠ごと放り込んだと思うと、慣れた手つきで焼却炉に火をつける。

「……っ!」

 かつての事件を思い返し、声にならない悲鳴をあげた。
 その炉には、かつてリュンヌであったリコリスが大切に想っていた我が子がいるかもしれない……。

「やめ……!」

 忌まわしい記憶を思い返した彼女の体が、震えている。
 そう錯覚した彼女だが、恐怖のあまりに体が動かせずにいた。

「あとはふつうの衣類を洗濯をしないと。はぁ。いつまでこんな面倒なことをしなきゃならないのよ。呪われ王子の専属侍女が来たんだから、あのひとにやらせればいいのに」

 侍女は不満を漏らすと、一仕事終えたように清々しい顔をして建物内へと戻って行った。

 焼却炉付近に残されたのは、リコリスだけ。

「やめて……」

 焼却物が轟々と燃え盛る様子が、炉から見え隠れしている。
 炎の揺らめきが激しくなる様子を見ていたリコリスは、その中にまだ幼かった頃の我が子が目の前で放り込まれてしまったように感じて……。
 荒くなっていく呼吸と共に、焼却炉に手を伸ばす。

「ロゼル……ッ!」

 リコリスがレンデンスの愛名を叫んびかけたその時――

「あの……。具合が悪そうですが、大丈夫ですか?」

 見知らぬ侍女が、リコリスに声をかけた。

――

 焼却炉の近くで真っ青な顔をしていたリコリスは、新たに現れた侍女の肩を借りて、焼却炉から離れた。
 ゆっくりとした足取りで焼却炉が見えなくなる木陰に辿り着くと、見慣れぬ侍女はハンカチを地面に置いてリコリスを座らせる。

「少しだけ、顔色がよくなりましたね。よかったです」
「ありがとうございます……」

 冷静になろうとしたリコリスが深呼吸する。
 早鐘を打っていた心臓が落ち着きを取り戻すと、リコリスは顔を上げて見慣れぬ侍女を見つめた。
 昨日の酒盛りメンバーの中にはいなかった顔だ。
 しかし、リコリスにとってはなぜか、見覚えのある顔に感じられる。

「あの、差支えなければで良いのですが……。あんなに具合が悪そうなのに、どうしてあんな場所にいたのでしょうか?」

 心配そうにリコリスに問いかける様子からは、リコリスが離宮に来てから出会ったことのないタイプの人物だろう。

「少し気になることがあったので……」
「焼却炉にですか?」

 頷くリコリスに、侍女は怪訝そうにしている。

「ここでは、王子の着替えは洗濯せずに、燃やすのですね……」
「えっ!?」

 疲労感と共に複雑な心境を零すと、見慣れぬ侍女は怒りを露わにした。

「仕える方を、なんだと思っているんでしょう!」
「え? あなたはここに務めているのでしょう? 知らなかったのですか? 私は、昨日来たばかりなので……」
「実は私も、今日こちらに到着したばかりなんです」
「え? 今日から?」
「昨日来たばかりということは……。もしかして、リコリスさん……ですよね!」

 リコリスが頷くと、見慣れぬ侍女は嬉しそうに微笑んで自己紹介をした。

「初めまして。私の名前はシウ。とある縁がありまして、公爵閣下からこちらでのお仕事をご紹介頂きました」
(昨日の今日で、続けてヴァレアキントス殿下繋がりの新人採用……?)

 リコリスは彼女の名前を聞いて、はっと思い出した。
 どこか見覚えのある顔に、シウと言う名前……。

(いえ、ちょっと待って……。シウって言ったかしら? もしかして……)

 改めてシウの顔をじっと観察すると、リコリスはようやくあることに気づく。
 彼女は、リコリスが王妃であった頃の、リュンヌの侍女のひとりだった。

「私はリコリスさんの補佐という形で、今日から一緒にお仕事させて頂くことになりました。ただ、リコリスさんとは違って王子殿下専属でありませんので、他の業務にもあたることになると思います」
「え? 補佐?」
「なんでも、王子殿下は人見知りが激しく、初対面のひとを怖がりになるとお伺いしました。リコリスさんなら、王子殿下が怖がられないようですから、私は見えないところで、リコリスさんの働きを支えさせて頂きますね。よろしくお願いします」
「よ、よろしくお願いします」

 嬉しそうにシウが差し出した手に、リコリスは緊張気味に手を握って握手を返した。

(ヴァレアキントス殿下の紹介というのが本当なら、彼は一体どんな思惑でシウを離宮に送り込んだのかしら……)
「そうそう。公爵閣下は、リコリスさんの助けになればと思って、私を補佐につけようと思ったそうですよ。わざわざ私に連絡をとってくださったのです」
「公爵さまが、シウを選ばれたの?」
「はい。私なら、リコリスさんがやりやすいように動けると思ってくださったようです。なので、頑張りますね!」

 どうしてヴァレアキントスが、リコリスのためにシウを選んだのだろうか。
 確かに彼女は気が利く上に、相手の視線を読んで先回りしては必要なものを必要なタイミングで手配してくれる優秀な人員だ。
 だからこそ、彼女がそばで働いてくれるならば心強いのだが、果たして理由はそれだけなのだろうか。

(理由がそれだけだったとしても、元王妃の侍女を、現王妃の息子の侍女として勤めさせるなんて……。彼女は、アネモスのことをどう思っているのかしら。……いえ、私の味方かもしれないなんて甘い期待を寄せるのはやめましょう)

 リコリスは立ち上がると、自身が下敷きにしていたハンカチを手に取った。

「ハンカチは、新しいものを用意してお返ししても良いですか?」
「返却不要ですよ。もう具合は大丈夫ですか?」
「そうですね。だいぶ落ち着きました。ありがとう、シウさん」

 それでもまだ少しふらついているリコリスのことを、シウがさり気なく支える。
 ふたりは共に離宮の建物内へ戻っていった。

「今日は到着早々に待ちぼうけを受けたうえに、誰も離宮を案内してくれないから困って彷徨っていたのですが、リコリスさんに出会えてよかったです」
「私も昨日来たばかりでまだ不慣れですけど、案内しましょうか?」
「お願いします! まずは王子殿下のお部屋から……」
「ぎゃああああああ!!!」

 今日これからやるべきことをふたりで話をしながら歩いていると、不意に甲高い叫び声が聞こえてきた。

「!? 悲鳴!?」

 リコリスとシウは顔を見合わせると、叫び声のした場所まで走り出した。

(この声は、さっきの……)

 現場に辿り着くと、聞き覚えのある声の主は、リネン室にリコリスを案内し、アネモスを呪われ王子と蔑んだ侍女だった。

「あ……あああ……!」

 彼女は、洗濯洗い場でしゃがみこみ、両手を見つめて体を震わせている。
 まるで、何かを見つけて絶望したように見受けられる様子だった。

「な、な、なっ、なによ、これッ!!」

 侍女の近くには、洗濯籠が乱雑に転がり、衣類が散乱しているだけだった。
 見回す限り、他に不審なものや、人物などは見当たらない。

「何があったんですかね?」
「洗濯物を散らかしているようにしか、見えませんね……」

 発狂した様子を見せる彼女の様子が異様なあまり、近づきがたく感じたリコリスとシウは、影で彼女の様子を伺うことにした。

「ど、どうして呪われ王子のタオルが、混じっているのよ!!」

 他のものと混じった王子のタオル……と聞いて、リコリスは朝の出来事を思い返した。

(たしか、王子の着替えは王子専用の籠に入れたけど、シーツやタオル類は他の籠と一緒にしたわね)

 そこまで考えて、ふと気づいた

(……え? もしかして、それだけの理由で騒いでいるのかしら……?)

「やだ! 呪われる! 呪われるわ!! 助けてっ……! 誰かッ! 誰か助けてよ!!! 誰かああああ!!!」

 洗濯を放棄したうえに発狂して逃げ出す侍女を、シウが唖然とした様子で眺めている。

「? なんですか、あれ?」
「どうやら、王子殿下の衣類がほかの洗濯物と一緒になっていたようですね。王子殿下のものだけ、洗濯籠が別になっていましたから……」
「え? それだけで? あんな怯えよう?」
「殿下のものに触れると、呪われると思っているようですね……」

 呆れたリコリスは溜め息をつき、シウの様子をちらりと一瞥する。
 彼女も呪いについて何とも思ってないようで、去っていく侍女を呆れた視線で見つめて吐き捨てた。

「そんなまさか! 本当に触れただけで呪われるなら、いまごろ公爵閣下は呪われていますよ」
「私もそう思います」

 誰もいなくなった洗い場に足を踏み入れたリコリスが、アネモス専用のタオルを手に取る。
 他のタオルは真っ白だったが、王子のものだけは薄桃色をしていた。

(他のと違う色をしているわね。昨日は何とも思わなかったけど、王子のものだけを色で見分けて判断するためだったんだわ……)

 腹を立てたリコリスが、怒りを込めるようにタオルをギュッと握り締めた。

(本当に……一番怖いのは、呪いではなく、ひとの心よ……!)

 そんなリコリスの隣で一緒になってタオルを拾っていたシウが、不意にぼそっと呟いた。

「それにしても、あの方は誰かに助けを求めてどうするんでしょう」
「どうする……と言うと?」
「離宮勤めの方々は、王子の呪いを怖がっている方ばかりじゃないですか。そんな方たちに助けを求めてもしょうがないと思いません?」
「そう言われてみると……そうですね」
「呪いを招いた! とか言って、余計に混乱を招くと思うんですよね」

 そう言って立ち上がったシウが、拾ったタオルを籠の中に戻したとき、発狂していた侍女が逃げ込んだ先から大きな悲鳴があがる。

「うわああああ!!!」
「ぎゃああああ!!!」
「来るな! 来るなああ!! 呪われるから、来るんじゃない!!」

 どうやらシウの予想通りに、侍女が誰かに助けを求めたことで、他の人物にも混乱が広がってしまったようだ。

「はぁ……。ここのひとたちは……。呪いは移らないものなのに、学ばないのかしら……」
「公爵閣下にお伝えして、人員の総入れ替えが出来ないものですかね」
「それが出来たら、もっとまともなひとたちがここで働いていますよ」
「それもそうですね……。これは、しっかりとリコリスさんをお支えしなくてはですね!」

 呆れのあまりに溜め息をつくリコリスの隣で、シウが気合を入れていた。

「息子を奪われた闇堕ち元王妃は、偽りの家族愛に絆されて真実の家族愛を取り戻す ~呪いはマナを、やぶれない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く