魔女が最高層の世界で最下層の男と愛し合ったら 〜最下層のディアレスト〜

星名 泉花

拾われた男と3番目のお姫様【4】

「あの、ごめんなさい。自分でやる。迷惑かけないから」

「迷惑じゃないわよ。なんで謝るの?」


アリシアが浴槽に湯をはり、準備をしてくれたのでリベルトを連れてくる。

さすがにアリシアはリベルトに触れることを嫌がり、逃げ出してしまった。

エレオノーラは全く気にも留めず、むしろ楽しんで腕をまくる。

毛先の緩やかな長い白銀の髪をまとめると、手を入れて湯加減を確かめていた。

そこに服を着たまま立ち尽くすリベルトが近寄ってきて、小さな声で謝りだす。

リベルトがそこまで委縮する理由がエレオノーラにはわからなかった。


「女の人、怒らせたらダメだから」

リベルトのその一言がエレオノーラに現実をみせた。

切り傷を治したときにちらっと見えたのは、古い傷跡だった。

それがどうやって出来たのかをようやくエレオノーラは理解したのだった。


「……あなたのその傷はそれで出来たの?」


あえて言葉にして聞くも、リベルトは答えようとしない。


(なんてこと……。これじゃあ、女の方が危ないじゃない)


辛い気持ちを抑え込むリベルトにエレオノーラは味方になりたいと思った。

エレオノーラよりも背も高く、骨格や肉のつき方が異なり、細くとも強く見えてしまう。

けれどもリベルトは何も変わらない。

むしろやさしさというものに触れていない。

わからないことが多すぎる。

でも、理解したかった。

そしてリベルトは綺麗なのだと自覚してもらいたいと思った。

エレオノーラは込み上げてくるあたたかい気持ちを胸に、リベルトの髪に触れる。

煤で手が汚れても気にしなかった。


「怒ったりしない。大丈夫、私があなたを守る」

「守る?」

瞬きを繰り返すリベルトにエレオノーラはほころんで笑う。

くすぐったさがエレオノーラに背伸びをさせていた。


「なーんて、カッコつけちゃったけど私そんなに魔力高くないのよね」

相応しくない発言に段々と口角が下がりそうになる。

魔女たるもの、王族たるもの、弱さを見せてはいけない。

そうやって育ってきたエレオノーラは口角を持ち上げる術を身に着けていた。

道化師になることは慣れている。

リベルトにエレオノーラの弱さは必要ない。

だからエレオノーラはただ笑って、焦がれる黒髪に触れていた。


「黒髪の人は魔力が高いのよ。いつもすごいなぁって思ってるの。姫だから表立って言ってこないけど、情けないわ。お姉様たちはとても綺麗な髪なのに」

(どうしてだろう。普段はこんなこと口にしないのに)

なぜ、隠せないのだろうか。

リベルトはエレオノーラが守るべき対象なのに。

今、リベルトに必要なのは安心できるやさしさだ。

これではただの毒だというのに、口が止まらなかった。


「綺麗なのは、あ、あなただ! とても眩しい……」


怯えていただけのリベルトがエレオノーラの腕をつかみ、食いついてくる。

真っ直ぐに、必死になってエレオノーラを見つめてくるリベルトから目をそらせない。

腕をつかんでいた手があがり、エレオノーラの白銀の髪を求めて伸びていた。

指先が、髪を絡めとる。


「怖くない。あなたは、輝いてる。黒いのはいやだ」

「ふっ……ふふ。あはは、そんなのはじめて言われた」


凝り固まったエレオノーラの価値観が変わった気がした。

ずっと黒色ばかりを見上げていたが、目の前の人はエレオノーラの色が良いと言ってくれる。

蔑まれたエレオノーラが輝いていると言われ、心の枷から解放されていくのがわかる。


「ありがとう、リベルト」

「……うん」

リベルトが解けた笑顔を浮かべる。

その表情が愛らしく、キュッと胸が高鳴った。

誰かの言葉に救われる。

こんなにもうれしいことがあるのだと、生まれてはじめて知る感情であった。

涙がこみあげてくる。

喉が焼けそうに熱くて、言いなれたはずの言葉がかすれてしまった。


(嬉しいな。それに、リベルトってかわいいのね。全然思っていた男と違う)





コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品