閉じる

他に寵愛のいる旦那様との結婚生活が終わる。もし、次があるのなら緩やかに、優しい人と恋がしたい。

にのまえ

11話

 攻撃を繰り出してもワーウルフの鋭い爪に弾かれてしまう。どう戦う? わたしの手持ちは木刀だけだし、背後には負傷した魔法使い二人と冒険者……

(あ、!)

 冒険者達の前にいる大型ワーウルフよりも、わたしの前にいるワーウルフは一回り小さい、もしかすると召喚に使われた骨は番のワーウルフか。

 魔物もこんな場所にいきなり召喚されて怒るのは当然だけど、怒り、目の焦点があっていなく、何者かに召喚ていて、ワーウルフ達とは話が通じない……ここは戦うしかない。

「ドゴッ!!」

 後ろで体当たりの音が聞こえた、盾役の人がシールドを張り、大型ワーウルフの体当たり攻撃に耐えているようだ。あの盾役の人が倒れればわたし共々、とも倒れになる。早く、腕の立つ冒険者か騎士団、できればアサト達に来てもらいたい。

 わたしでは力不足だ。

 ガレーン国に来てから体は毎日動かしているけど、木刀を振るか基礎トレーニングだけ。魔物退治なんて……"あーっ!"うだうだ考える前にやれることをやるんだ、わたし!

 弱気、逃げ腰な、自分に気合を入れ直し木刀を握りなおす。


「グゥワーアアァーン」


 小型ワーウルフが吠え大きく口を開き衝撃弾を吐く、しかし、それはわたしの頭上を飛び超えて、後ろの地面にめり込み爆発を起こした。このワーウルフ賢い、いまわたしと自分の距離を測ったんだ。だって"次は当てる"と小型の鋭い眼光が突き刺さる。


 ゴクッ。奴はわたしに当てる気満々だ、あんなのに当たったら一発で終わりじゃない。


「「プロテクト、プロテクト」」


 己の防御を高める魔法をかけて、次に来るであろう衝撃に備えた。しかし小型は身構えたわたしではなく、後ろでシールドを張っている冒険者に向けて、衝撃弾を飛ばした。

「ちょっと!」

 止められるかわからないけど地面を蹴り、飛び込むように前に回り込み、木刀の中心で衝撃波を受け止めた。

 ビキッ!

 木刀で受け止めた衝撃弾の威力はすざましく、いともたやすく木刀にヒビが入り、目の前で爆発を起こして吹き飛ばされ地面を転がった。

「グッハァ! いっ、た……、……あーー! わたしの愛用の木刀が真っ二つ!」

(もう怒ったからね!)

 折れた木刀を持ち小型ワーウルフに向かって走る。奴は次の衝撃弾を飛ばそうとしていたため、瞬時に動けない、わたしは力を込めて折れた片方の木刀の足に刺した。


「「グギャア!!」」


 刺したと同時に小型の前払い攻撃をくらい、地面に転がった。


「グギャーーアアン!!」

「イテテ、へへッ、お怒りのようね」

 奴の片足は潰した……しかし、消すには額に見える真っ暗な魔法陣を壊さなくてはならない。もう片足を潰すには小型の衝撃弾を待って突っ込めばいい。


「グルルル……フシュールル」


(は、殺気 ︎)


 大型が小型の鳴き声に(引き寄せられ?)こちらに飛んできた、これはやばいニ匹に挟まれたようだ。緊張して息は上がり背中に変な汗が流れる。牙を見せ、見下ろす大型と小型ワーウルフ、このまま両方に突進でもされたら避けられない。


 ヒェッ、怖い、逃げる。


 わたしは飛んでくる衝撃弾と、ワーウルフニ体の突進攻撃を回避している。と言うと、ものすごく格好いいのだけど……実際はやみくもに走り回り、飛び込み回避、転げ回ってどうにか奴らの攻撃から必死に逃げている。


 あのニ体の攻撃を一度でも食らったら命の危機! わたしの足どうにか動いて! 


「「ワーウルフ、こっちに来やがれ!!」」


 逃げ惑う私を見て冒険者の盾役が"挑発"スキルを発動した、大型はその"挑発"に乗り盾役に突進する。"ガチィーーン!!"と音を立てて、ワーウルフの突進攻撃に耐えたようだ。よかった、盾役の人が頑丈な人で……

 しかし、いつになったら騎士団が来るの? 

 いま、ここでわたし達が倒れたらワーウルフニ匹は王都に突っ込んでいく、どうしてここに来ないの? 焦りとよそ見の隙を突かれ、小型ワーウルフの衝撃弾が飛んでた。

 避けれないと手でガードしたけど。


「グッ、はぁ、あぁぁぁ!!!!」


 いっ、痛い、衝撃弾をもろにくらった。コレを続けざまに喰らうと"プロテクト"の効果が切れてしまう。早くどちらか一体を消さないと、本当に体力の限界がきてしまう。

 そうなる前に武器、戦える武器が欲しい!

「他に寵愛のいる旦那様との結婚生活が終わる。もし、次があるのなら緩やかに、優しい人と恋がしたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く