閉じる

拗らせファーストラブ〜アラサー女は死んだ初恋相手を助けるためにタイムリープする〜

星名 泉花

第10.5話-side倉田1「誰が為に美徳はある」

2010年12月27日、月曜日。

学校は冬休みに突入しているも、星祭りの準備として校舎を開けてもらっていた。

協力してくれたのは遠藤先生のはずだったが、何故だか美術室に現れたのは教師の橋場 幹介であった。

美術室では倉田が黙々とデッサンの練習をしている。

カッターで削った独特な鉛筆と練り消しゴムを持ち、対象となる石膏像を描いていた。

その隣で顎に手を当て、ニヤニヤして見下ろすのが橋場であった。


「倉田ぁ、ポスター見たぞ? 先生はな、嬉しいぞぉ」

「そーですか」


見向きもせず、筆の黒鉛を滑らせる。

鋭い目つきが石膏に注がれ、陰影で命が吹き込まれていく過程を見て、橋場は誇らしげに頷く。

担任でもなければ美術教師でもない。

初めは何故構ってくるのかもわからなかったが、やがてどうでもよくなり倉田は思考を放棄した。


「お前が誰かに協力して何か作るとはね。何を作っても納得しないで捨ててしまうのに」

「……は」


星祭りの件を言っているのだろう。

あれは本当に気まぐれで、たくさんの人に頼られる人気者の黒咲くんが珍しく頼ってきたからだった。

不思議と、その時だけはいつもと違って見えた。

それも倉田にとっては重要なことではなく、また削る音を立て、練り消しゴムで調整を繰り返した。



「だがお前、本当にグラフィックデザインの学部目指すのでいいのか? 本当はお前……」


パッと倉田の手が止まる。

ようやく移された鋭さは橋場を射抜くもので、倉田は微細なブレに触れられたことにヤケになっていた。

橋場の軽率な発言は倉田の繊細な部分に触れていつも苛立ちが募る。


「何も出来ないくせに余計な口出さないでください。僕はグラフィックデザインがやりたいんです」


鉛筆を握りしめ、また描き出そうとする。

だがわずかな震えが画板に現れ、線に迷いが走った。

練り消しゴムで誤魔化そうとしても、一本の線が全てを左右する。

手を使って描くものは修正が効かなくて、やり直しも出来ずなかったことに出来ない。

左右反転も、戻ることも、色の変更も、わずかな履歴が必ず跡になる。

絵には心が写る。

気に入らないからと出力し直すことの出来ない、一発勝負の擦り切れる暴走だ。

心を燃やしながらもその葛藤がブレれば一瞬で鎮火してしまう。

なんて非合理的で、割に合わない。

誰も救えない自己満足の世界。

お金が全ての世界で、値段が可視化されなければただ削るだけの不毛さ。

泣いているやつを笑わせることが出来たとしても、空腹を満たすことは出来ないんだ。



「ちゃんと就職して、実績出さないと。グラフィックデザインなら求人ありますからね」


だからこうして好きを確実にお金に変えるしかない。

お金があれば笑顔も与えることが出来、空腹も満たせる。

心も安定して芸術という崖っぷちな世界に集中することが出来るのだから。

自分だけの幸福のために人生を注ぎ、大作を描くなんて今の時代に不向きだ。

そこに至るまでの屍の数は考えるだけでも恐ろしい。

本人だけならまだ良いとして、限られた座席を取り合って屍となり、周りを巻き込んでいく。

屍なんて簡単なものではない。

芸術とは、ゾンビだ。

何かが込められたものは心を喰う。

死してなお、誰かの足を掴むのだからゾンビ以外何者でもない。


なのに何故、ゾンビになりたがる人間が多いのだろう。

こうして凶器のような鉛筆をカッターで削り、一本一本線を集めて何かを描こうとする。

たまらない快感は、誰かに足を掴まれた状態だ。

自分だけが死するときに満足しても、まわりはお腹を空かせてるんだ。

安定を求めて何が悪い。

芸術は価値が認められれば万人を救うが、ゾンビをも生み出す。

石をも掴めぬ泥々の手は、怨念の染み付いたものを創る。


自分だけが幸せになる芸術は、あまりに足場が狭かった。

「拗らせファーストラブ〜アラサー女は死んだ初恋相手を助けるためにタイムリープする〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く