話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

第三皇女の生存戦略

はゆ

私のメアリは欠陥品

 第三皇女おうじょエリザヴェータが、私の地位と名。
 皇帝の三番目の娘として生をけた。偉いとか、偉くないとか。そんなことを気にしたことは無い。全ての人間が私の前に跪き、従う。それが当たり前の日常――。

  * * * 

「おあおゔおあいあゔ」
 起床の挨拶を聞き、まぶたを開ける。ベッドサイドに視線をると、メアリがつむじを私に向けている。私の日常はここから始まる。
 メアリは彼女の名前ではなく、しゅメイドの呼称。メイドが変わるたびあるじが名前を覚え直さなくて済むよう、メアリを共通の呼称としている。

「おはよう」
 私を見ているメアリに挨拶を返すと、カーテンが開く。私が起床の意思を示す前に、勝手にカーテンが開くことは無い。

「いいえんいえゔえ」
 メアリが天気を知らせる。
「そうね」
 窓の向こうは快晴。まさにお出掛け日和。
 差し込む日差しがほんのり暖かく、心地良い。

 メアリが私に向けて放った言葉は、『おはようございます』と『いい天気ですね』。
 私のメアリは耳が聞こえない。そして滑舌が悪い。
 最近ようやく言ってくれるようになった言葉が、挨拶と天候を伝える二言ふたこと。メアリから声を掛けてもらえると、私は一日を気持ち良く始めることが出来る。

 私のメアリは、私が望んでそばに置いている。とはいえ、付き合いは長くはない。出会であってからの期間は一ヶ月に満たない。

 彼女は私に仕える以前、第一皇子おうじアレクセイに仕えていた。
 出自は、男爵家だんしゃくけの五女。爵位の序列は最下位。とはいえ俗にいう貴族令嬢。ぞんざいに扱われる身分ではない。にも拘わらず、欠陥があるという理由のみで、謀殺ぼうさつされそうになっていた。だから私が貰い受けた。

 出会であったのは、彼女が騎士に連行されているとき。もしもこの時、見過ごしていたら彼女はこの世には居なかった。

 私と彼女の外見は似ている。面識も接点も無かったけれど、他人とは思えなかった。
 漠然と、見過ごしてはいけない予感がした。
 すれ違って二歩進んだところで足を止める。
「止まりなさい。彼女に何をするの?」
「処分いたします」
 騎士が人間を処分するために連行する先は、処刑場しょけいじょうと決まっている。実施するのは、殺処分という名目の謀殺ぼうさつ。つまり、彼女は殺される程の悪事を働いた、もしくは殺される程恨まれているということ。
 根拠は無いけれど、彼女はそんな人間には見えなかった。だから騎士に尋ねた。
「彼女は何をしたの?」
「欠陥があるため、処分するよう勅令ちょくれいを賜りました」
 どんな人間にでも、多少なりとも欠陥はある。だから欠陥があること自体は問題ではない。
 勅令ちょくれいとは、皇帝からの直接の命令。騎士が皇帝の指示に従い、行動していることだけはわかった。
 でも、私の質問には答えていない。
「何をしたかを答えなさい」
「応答出来ない欠陥が……」
 歯切れが悪く、しっくりこない返答。
 彼女が何かをしたのではなく、出来ないというだけ。出来ないことなんて、誰にでもある。そんなことは、彼女の命を奪って良い理由にはなり得ない。
「出来ないではなく、何をしたかを尋ねているの! あなたも応答出来ていないのだから、処分しないといけないわね。死にたくなければ、直ちに彼女を解放しなさい!」
 たじろいだ騎士から彼女の手を奪い取り、自室に向かって走る。

 勅令ちょくれいは絶対。如何なる理由があろうとも、必ず遂行しなければならないもの。彼女の命と引き換えに、先程の騎士は死を迎えることになる。命令に従わなかったから、死をもって償う。酷なようだけれど、そうしなければ皇帝に従わない者が現れてしまう。だから仕方ない。

 私にとって騎士の死は、彼女の死を諦める理由にはならない。私は躊躇なく彼女の手を引き、自室に連れ込む。騎士が勝手に入室してくることは無いから一安心。

 彼女に事情を尋ねた。けれど、無応答――聞き取れなかったのならば、質問内容を聞き直すだろう。しかし、彼女は聞き直そうとせず、悪びれる様子も無い。
 彼女の目をじっと見つめ、改めて同じことを問う。すると、身振り手振りで書く物が欲しいと訴えた。その様子を見て、欠陥と言われていたものが聴力だと確信した。
 彼女は無視しているのでも、応答する気が無いわけでもない。

 彼女自身に問題が無いことはわかった。
 けれど解決しなければならない問題は、死ぬ人数が増えただけで、彼女の死を免れられていないこと。

 私は当時のメアリに指示し、彼女に私の服を着させた。着替えが終わった彼女と共に、父皇パパへと向かった。
「彼女を、私のメイドにして」
「それは処分するよう命じた欠陥品だ。何故お前が連れておるのだ!?」
「私のメイドにしてと言っているの!」
勅令ちょくれいに従えぬのなら、出て行け!!」
 皇帝から、従わない選択肢を与えられた。
「そうします」
「いやっ、待て! 言い過ぎた」
勅令ちょくれいに従わなければ、斬首よね? 皇帝は、娘の首を斬り落としたいのかしら」
「そんなつもりでは……それに皇帝って……いつも父皇パパと呼んでくれるではないか」
勅令ちょくれいに従わなかった騎士も貰っていくわよ。どうせ殺すのだから、問題無いわよね?」
「それは許可出来ぬ」
「本日付けで、私の支配下に入れなさい。兵法へいほうに『将在外将は、外にあれば君命有所不受君命でさえ受けないことがある』という言葉がある。今日、私の部下が私の命令に従っただけ。であれば、問題は無いはずよ」
「なるほど……」
「用件はそれだけ。暫くは城下に居てあげる。そのあいだに段取りをつけなさい。わかったわね?」
「うむ」

 彼女の手を引き、父皇パパを後にする。
 これがメアリとの出会い。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く