醜いアヒルの花嫁

藍光雨

第一章星が好きな女の子

私は長い間、息をするために外に出ていません。 Mo Rourou は腰を伸ばし、Mo の別荘の広々とした前庭に大きな形で横たわり、バラの茂みを植え、花の中で眠っているフラワー エルフのように、夜空にきらめく星をのんびりと見ていました。
        西暦2020年、モ・ルロウは大学を卒業し、家族経営の会社に入社する際、権利のないインターン・マネージャーになることを自動的に選択しました。
        彼女は幸運にも典型的な金持ちの女性である裕福な家庭に生まれ、大学を卒業するまで勉強を続ける資格がありました。
        彼女の醜いアヒルの子の外見で、誰も醜い女の子を醜い妻として結婚させません。
        「なんて美しい星なんだ!」モ・ルロウは優しく微笑んだ。
        「星も綺麗だと思います!」 ジ・フフも小さく微笑み、美しい景色を携帯電話で撮影。
        「Rou Rou、あなたの両親はあなたが合コンに行くように手配するつもりですか?だから私は明後日のビュッフェでしか食べることができません.ああ!本当に残念です!」 彼女はまばたきをして静かに話しました.
        「はい。はい! 私の両親は、私が典型的な成熟した女性である二十九歳であり、結婚相手を探すべきだと考えています.
        もともとジフフは横になっていたが、友達が起き上がるのを見ると起き上がり、すぐにバラの香りを吸い込み、その香りに浸った。
        ...
        翌日、莫露楼と妹の莫如意は微風広場に行って流行の春服を選び、2月は妹の結婚式で、妹のボーイフレンドの趙君烈は強く横暴な総統でした。
        彼は妹のMo Ruyiと関係があり、毎日Zhaoの黒い延長リムジンカーを送ってRuyiを選んでMo家の会社で働いています。
        3 日後の午後 2 時、Mo Rourou は MRT に乗り、タイムズ デパートの近くで下車し、彼女が彼女に話したレストランで最後のブラインド デートに会って夕食をとりました。
        彼女は成熟した女性で、29 歳で、間もなく 30 歳になります。
        「すみません、遅れました。」 モ・ルロウが家に入ると、彼女は決められたテーブルに来て座った。
        彼女はフォカッチャとラテにスライスしたリンゴの盛り合わせ 2 枚を目にします。
        彼女のお見合い相手は、風向きのヒスイの木、剣の眉、星のような瞳を持つ非常にハンサムな王子様です。
        「ブラザー・ジュン・リー、どうしてあなたと私がブラインドデートをすることができたのですか?」
        「あなたの妹の如意は3日前に行方不明になりました。明日の朝、私たちの2つの主要なコングロマリットは商業結婚を行います.結婚式の招待状は発送されており、キャンセルする余地はありません.」趙君と結婚するために、あなたはもちろん男女関係を解決していません.この部分は結婚式の夜にあなたに注意深く教えます. 趙君はすでに明日の結婚式をスムーズに終わらせる方法を計画しています.
        「私はあなたと結婚したくありません。私はあなたをまったく愛していません。」モー・ルロウは首を横に振り、目を集中させた。プロポーズも日付もない結婚式場。
        「すみません」彼女は立ち上がり、カウンターで支払いを済ませ、店の外に出た。
        「あなたが私と結婚しないなら、私はあなたのMo家のビジネスを破壊し、Mo家がモールに足場を築くのを防ぎます.
        しかし、モ・ジュンロウは、趙ジュンリーが平易な言葉で話しているだけでなく、心臓の鼓動が一瞬で速くなり、少しパニックになっていることを知っていました。
        「さて、私は降伏し、あなたと結婚します。」 Mo家のキャリアのために、Mo Rourouは代わりにZhao Junlieと結婚することにしました。
        「これはいい子です。」 趙君麗は手を伸ばして彼女の手を握り、キスをしてから彼女を去らせた。
        ...
        今夜は彼女の最後の一夜.彼女は密かに趙君麗に恋をしている.彼女の心の中で,趙君里は彼女の夢の結婚相手である.彼女と彼は間違いなく愛のカップルになるだろう.
        ある朝、彼女は茂家の別荘の前庭に来て、バラの茂みに一人で座って、将来の趙家での生活にどのように適応するかを慎重に考えました。
        明日の朝に結婚し、結婚式の夜に、愛する夫婦関係を許容し、信頼できるかどうかを決定しますか?
        私の星!心の中の流れ星に願いを込めて、趙淳烈が気になる花嫁になりたい!

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品