話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

時 memory

夕暮G太郎

2、パノラマライド/マガラニカ

スピード上げるピンヒールの靴音が
街に溶けてく「すみません、お先に失礼。」

目も合わせずにすれ違い 見極める誰の腕を取ろう?

何千回も呼んだって過去に消えてくだけの声
何千年も繰り返すサヨナラ
何万回も間違える弱さと欲望の果てに
何万年もきっと同じ夢を見る

空に絡まる雲が涙を落とす
潤う大地育んだ心然り

疑いながら身を守る 渦巻いた淋しさの時代に

何千回も呼んだって過去に消えてくだけの声
何千年も繰り返すサヨナラ
自分以外の誰かと生きるように創られた世界は
矛盾と理不尽で溢れてるけれど終わらないなぁ


解き明かせない世界 どうして僕らは


何千回も訊いたって過去に消えてくだけの声
何千年も繰り返す答え合わせ
何万回も間違える弱さと欲望の果てに
何万年もきっと同じ夢を見る

何千回も呼んだって過去に消えてくだけの声
何千年も繰り返すサヨナラ
自分以外の誰かと生きるように創られた世界は
矛盾と理不尽で溢れてるけれど

終わらないなぁ

「時 memory」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く