話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いくじなし ③

ももちよろづ

24.対面

「この度は、本当に、申し訳ございませんでした!」


シェアハウス、トキワ荘。

俺の目の前では、会社の同僚の多賀 叶と、

彼女の妹だったらしい、俺の大学時代の元カノが、深々と頭を下げている。

「……いや、ホント、ウチの愚妹が、皆さんに、ご迷惑を……」

「望 君!」

「拓児 先輩……!」

大学のサークルの後輩で、俺の元彼女だった、多賀 望 君。

会うのは、大学生以来だけど、何も変わっていない。

いや、若干、生活感が出ちゃってるかな?

「……あ! いつぞや、オレが歌舞伎町でナンパしたコ!」

「あっ、貴方……」

「何だ、星夜、顔見知りか?」

「あぁ、前に、歌舞伎町でチラッと、な。

 拓児の、元カノだったとは……!」

「望さん、貴女、前に一度、ウチを覗きに来てましたよね?」

「あ、あの時の……」

「瞳ちゃんもかよ」

俺とだけ、ニアミスで、擦れ違ってたのか。

「……ずっと、訊きたかったんだ。

 どうして、あの時、俺の前から、突然、姿を消したんだ?」

「だって……子供が出来たなんて言ったら、流石に先輩でも、

 あたし、捨てられる、って思って……」

「いや、後で拗らせて家迄調べて、嬰児置き去りにする方がヤベーって」

「ウチのシェアハウス前に、赤ちゃん……夢ちゃんを、置き去りにしたのは?」

「……先輩に、夢を、育てて欲しかったから。

 先輩の性格なら、拾ってくれると思って」

「学生時代から変わってねーのか、お前」

「……ほら、夢。 貴方のパパよ」

「だぁ、だぁ」

うーん。

俺の、子供、かぁ……。

「まだ、実感、湧かないや」

「もう、責任取って、結婚しろよ」

「えっ?」

「それしか無ぇだろうよ。 男なら、腹括れや」

「いくじなし ③」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く