話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いくじなし ③

ももちよろづ

23.叱咤

「望! アンタ、何て事したの!?」

「だって……だって……!

 あたし、もう、疲れた……。

 あの子を、育てられない……」

「だってもクソも無いわよ!

 夢ちゃんは、生きてるのよ!?」

叶は、望の両肩を掴み、彼女を真っ直ぐに見据えた。

「いい? 年齢だとか、生活がどうだとか、

 そんな事、産まれて来る子供には、関係無いの!

 産んだら、その時から、アンタは母親なの!

 この……望の、意気地無し!」

「な……何よ……。 何よ……!

 お姉ちゃん……まだ独身で、子供、居ない癖に!

 自立してて、仕事もバリバリ出来て!

 何にも持ってない、あたしの気持ちなんか……

 お姉ちゃんには、分かんないもん!」

「ぐぅっ……!

 あ、アンタ……」

「…………ご免、なさい」

「はぁ……もう、いいわ。

 アタシも、言い過ぎた……」

「うん……」

「……で、その、

 アンタの、元彼の……

 夢ちゃんの、父親の、名前は……?」 

「いくじなし ③」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く