話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いくじなし ③

ももちよろづ

18.留守

「たでーま、っと」

或る日。

所属する劇団の稽古を終え、星夜は、シェアハウスに帰宅した。

ガチャ、ガチャ

「鍵、掛かってんな。 て事は、二人共、外、出てんのか」

カチャリ

三つある鍵の内の一つで、星夜が、玄関のドアを開けると――。

「うぅ……おあ~!」

「は? おい、何で……?

 ちょっ、瞳!? 拓児!?」

シーン……

「うっ、ひぐっ」

「マジかよ……うわ、メンドクセ」

「あー、うー」

「何だよ、分かんねぇよ……腹、減ってんのか?」

「あう、あうっ」

「あー……ミルクは、っと……」

台所で、朧気おぼろげな記憶を頼りに、哺乳瓶と、粉ミルクを探す。

「あった、これだ。

 何々、これを、沸騰さして、冷ます……?」

「うっ、うえっ」

「あー、もう、まだ熱いから、待てって……ほら」

「んく、んくっ」

「ふぅ」

「けぷっ」

「ん……」

「キャッ、キャッ」

満足したのか、赤ん坊は、スゥスゥと寝息を立てて、眠り出した。

「……………………」


『ねぇねぇ、お父さん!

 文化祭で、おれのクラス、劇やるんだ!

 おれ、主役に決まったから、見に来てよ!』

『私には、毎日、仕事がある。

 お前のお遊戯会なんぞ、見に行く暇があるか』

『え……又……?』

『君。 息子の世話は、秘書の君に、一任してあるだろう?

 私の手を、一々、煩わせるな』

『申し訳ございません、社長』

『じゃあな』

『あ……お父、さん……!』

『星夜様。

 お父上は、貴方や、ご家族の為に、お仕事をなさっているのですよ』

『……はぁい』


「……あーあ。 だから、ガキは、嫌いなんだよ……」

「いくじなし ③」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く