ポンコツお嬢様とその執事クソである

黒月白華

タコパをするわよ!

「魚住…タコパをするわよ!!」
と、とある帰り道に私は真剣に魚住に行った。

「はい!?タコパ!?頭おかしくなったのか?お嬢様!?」
案の定、今日も失礼極まりないこのクソ執事!

「頭は正常よ!タコパと言えば、庶民のたしなみじゃないの!

…あれでしょ?ほ、ほら、たこ焼きの中に…タコはもちろん、ロシアンルーレット式で実はいろんな具材を投入して楽しんだりする…」
と私はクラスの女子達がワイワイと話してるのを1人、寂しく盗み聞いていたのだ!

「何を言ってる?あれは人数がいてからこそ楽しめるというのに、しかも俺たちのアパートに人を呼ぶ気か!?」

「は?そんなわけないじゃないの!?あんたと私でするのよ!」

「なんだと!?まさか!そんな侘しいことを本気で考えていたとは!!なんて奴なんだ!!もはやパーティーとすら呼べない!!」

「じゃあ、あの…カッパ……、高清水たかしみずんちでやればいいじゃないのよ!!」
と勢い余って言うと…魚住はスマホを取り出してなんか打ったら

「ふむ…聖月みつきくんはオッケーだって。侘しいからもう少し人数を増やしてもいいとか言ってたけど」

「人数って言っても…」

「なんなら女の子でも俺が声かけたらブワって勝手に増えますよ?お嬢様も友達ができるかも」

「あんた目当ての女子とか呼んでもあんたがハーレムになるだけでつまらないわ」

「ハッ!まさか…嫉妬!?」

「あー…ないない。隕石落ちてきてもない」
と私はバッサリ言う。

「じゃあ、どうするんですか?ぼっちお嬢様」

「実は…目をつけている女の子が1人いるわ」

「…百合ゆりですか!?」

「違うわよ!!ぶん殴るわよ!?高清水たかしみずが喜ぶだけでしょ!?」

「目を付けてるとは?」

「………綾さん」
と言うと魚住は嫌な顔をした。

「却下で!!」

「なんでよー、綾さんなんか呼べば直ぐに来るわよ?」

「いや、無理だろ!!大体姉さんはアメリカの大学に居る!」

「電話したらジェット機とか使って飛んで来るんじゃない?あんたの為なら」

「本当に来そうきそうだからやめろ…」
とゲンナリしている魚住。

「あ、じゃあ…」
と私は思いついた。



「だからって何で俺が呼ばれなきゃならないんだよ!!?しかも全然面識の無い知らない金持ちの家でタコパって!!」
とナイスツッコミをするお隣さんのひーちゃんさん。

「まあまあ、日頃の迷惑料だと思ってー、ひーちゃんさん!」
と魚住が言うと

「ひーちゃん言うな!!俺は石神ひさしだっつの!!」
と見た目ヤンキーの体格の良い強面こわもてのひーちゃんが言う。

因みにヤンキーでは無いらしいがヤンキーに見える。

ブツクサ言いながらもとうとう、高清水たかしみずの家に着いた。

「ほー、でけえな!!」
とひーちゃんも驚く。

インターホンを鳴らすとこの前の様に使用人しようにんが門を開けあけ、玄関まで行って高清水たかしみずが出てきてひーちゃんを見て

「ひっ!?ひいいい!!ヤンキー人種!!」
と腰を抜かした。

「いや、ヤンキーじゃ無いよ?聖月みつきくん。こう見えておばあちゃん思いの優しい男だよ」
と魚住が説明すると

「う、うるせー!!そのことは言うなっ!!」
と少し照れる。

「と、言うか、人数増やしてもと言いましたが、ここまで女子がいないとは!!くそ!百合ゆりにもなりやしない!!」
高清水たかしみずカッパは悔しそうだ。

「まあ、とりあえず始めようよ」
と材料を一応買ってきた魚住が言うと

「そうだね、じゃあこちらで」
と日本庭園の広大な敷地にポツンと東屋あずまやがあり、横にテーブルが置いてあった。
その上にさらに小さなたこ焼き器が置いてあった。

アウトドアっぽい!!

すると高清水たかしみずカッパか得意そうに自慢解説してきた。うざっ。

「ふふふ、こちらのたこ焼き器はカセットガス式でね!外はカリっと、中はトロッとした本格的なたこ焼きが作れるのさ!

まるで店の様な仕上がりでね!
もちろんフッ素加工しており、熱伝導や返しやすさも追求されたものさ。

ガスの方が早く焼けるしね!」
と言う。

「うんちくはいい!もうさっさと焼いていこうぜ!」
とひーちゃんは手際よく準備を進めたのでおーっと感心したわ。

「まあ、たこ焼き屋でバイトしてた時もあったからな」
と言うと魚住は

「ひーちゃんさん、プロだった!!凄い!!」
と尊敬していた。

「ま、お前らもやったことないならやってみりゃいいんだ。生地を入れ、具を入れ、ひっくり返して焼いて終わりだ」

と簡単そうに言っている。
まあ、そんなもんよね、テレビとかで見たことあるわ。確か最初に型に生地を入れて具を入れて…なんかクルンてするやつよね!

「じゃあ、どうせならパーティーらしく、くじで焼く順番を決めましょう!

後、その時に何の具材を入れたかわからない様、皆さんは焼いている所を見ない様にしたらいいかも!」
と魚住が提案した。

「それは…タコパと呼べるのか??」

「たぶん」

「面白そうではないですか!!もはやロシアン闇タコパ!!」
高清水たかしみずカッパはメガネをキラリとさせた。

「では、くじを引きますよーー!」
と魚住がくじを手に持ち、私達は一斉に棒を引いた。番号が書かれていて、最初は魚住、次がひーちゃん、次はカッパ、最後は私だった!

「あ、具材の用意はこの高清水聖月たかしみずみつきが用意させてもらいました!もちろん罰ゲーム用のものと正解用のも何種類か」
とカッパはズラリと使用人達しようにんたちに用意させ、いろいろな具材が集まったのだった!

コメント

コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品