話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いつでも側に〜一途な両片想い〜

せいとも

成長⑨ SIDE鈴

「どうしたの?わからないところがある?」

「うん……」

「見てあげる」

 お母さんは、おしゃべりに夢中で気づいていない。同じ年の子達は、遊びに夢中だ。

「あっ、わかった」

「良かった。困ったらいつでも聞いて」

 時々だが現れるお兄ちゃんが、丁寧に勉強を教えてくれた。

 事務所スタッフからは、直人くんと呼ばれているお兄ちゃん。

 撮影で、すでに人気の芸能人とたくさん共演しているが、私の中では一番のイケメンだと思う。

 私にとっての王子様……。

 お兄ちゃんが、私の初恋だ。

 後に彼が兵藤アカデミーの社長の息子だと知る。

 撮影は、お母さんの喜ぶ顔が見たくて頑張っていた。

 いつからか、お母さんの視界に私が入っていないことに気づいた。ただただ、周りに自慢したいだけの娘。

 物心ついた時から、どうしたら大人が喜ぶかがすり込まれている。自分がやるべきことが……。

 嫌だと言っても聞いてもらえないだろう。

 いつからだろう?気づいていた。私が、働いたお金で生活していることを……。

 ただ、お母さんが笑っているならいいかと、子供の私にはそれ以上どうすることも出来なかった。

 無性に辛くなるときもある。そんな時は、心を無にする。すると何も感じなくなる。

 毎日が決められた日々……。

 それでも、カメラの前では演じ続ける。

 辛くなったら、私の中のヒーロー直人お兄ちゃんを思い出す。


「いつでも側に〜一途な両片想い〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く