いつでも側に〜一途な両片想い〜

せいとも

プロローグ

 『パシャ、パシャパシャ』

 フラッシュの光の中佇む美少女。

 幼き頃からの記憶は、常に光の中……。

すずちゃん視線こっちに」

「今日もかわいいよ。少し微笑んで」

「視線を少し下に」

 光の中にいる鈴に向かってカメラマンからの言葉が次々に飛んでくる。

 光の中には鈴ひとり。

 真っ白なセットに、真っ白なドレスを着た透き通るような肌の鈴は、まるで天使のようだ。

 その姿をカメラマンの後ろから、沢山のスタッフ達が見ている。

 鈴を見慣れているスタッフですら魅了する。不思議な魅力が溢れている。

 そんな沢山の人が見ているスタジオの最後方さいこうほうで、撮られる側ではないかと思うほどの長身で容姿端麗の男性が、腕を組み壁に凭れ鈴を見守る……。

 長年見守り続ける彼は……。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品