【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-4 ★ さあ、脱獄脱獄

 山賊さんぞくたちに馬車を奪われ、連れ去られること小一時間。
 馬車が停まり、ギィィと蝶番の軋む耳障りな音が聞こえた。

 ――扉だ。それも大きな。目隠しをされていても分かる。

 ガコンと扉の閉まる音がした。
 おそらくへいで囲まれた建物なのだろう。

「お帰りなさい、おかしら!」

 ――見張りかな。

 ガシャガシャと金具の音がする。鎧よりも軽い防具で武装しているようだ。

「ややっ、お客人が三人も! 誰ですかい」
「なんと、リンドバーグ夫妻とその親戚さ」
「リンドバーグ夫妻だって! 本物ですか?」
「本物。旅行中のところを偶然ひっつかまえたのさ。身代金をたんまりいただけるぞ。特等室にご案内してやれ」

 ――特等室か。嫌な予感がする。

 予感は当たった。目隠しをされたまま、足元がつるつると滑る階段を下りていく。

 ――寒い! かび臭い! 地下だろう。

 俺たちは地下牢へ放り込まれた。牢の中で目隠しを解かれたが、身体は縄で縛られたままだ。

「ここが特等室? 豚箱だろう」

 不満をぼやくと賊は嘲笑を浮かべた。寝台が一つ、椅子が一つしかない、湿っぽい部屋だ。天井の高いところに通気と採光を兼ねた小さな窓があるが、全体的に薄暗い。

「ここが一番良い部屋さ。あっちの部屋にはねずみが出るしな。住人に聞いてみな」

 賊たちは、通路を挟んだ向かい合わせのろうを指差す。暗がりでよく見えないが、誰かが寝台に大の字で転がっており、耳障りないびきと歯ぎしりを立てていた。

「それじゃあ、そこで三人、大人しくしてろよ」

 牢に錠をかけて、賊たちは地下を去った。

「ごめん、ミミ、王女様。俺が不甲斐ふがいないばかりに、こんなことになって」

「司祭様が謝ることは何もありませんわ」

「そうよ、アル。ああいう人たちは単細胞で頭が軽いんだから。馬鹿を刺激すると命がいくつあっても足りないわ」

 ミミのこういうところが俺は大好きだよ。

「さあ、脱獄脱獄。このままおとなしく捕まったままで、たまるもんですか」

 ミミの背中から、ゴキゴキポキポキと枝の折れるような小気味の良い音がした。シュルリと彼女を縛る縄がほどける。

「縛り方が甘くて助かったわ」

「ミミ。どこで、そんな技を身につけたの?」

「小さい時に、護身術として習ったの。爵位しゃくいある家の子女しじょは狙われやすいとかで。私はチャールズの婚約者だったし、お妃教育も幅広くてね。縄を解くくらいなら、私以外の令嬢でも朝飯前あさめしまえだと思うわよ?」

「いいえ、ミミ様。少なくともわたくしは、朝飯にありつけないどころか、日が暮れても無理かと」

「王女様、縄をときますわ。ああ、手首が真っ赤だわ。痣にならないかしら」

「ありがとうございます、ミミ様。このくらいへっちゃらです」

 王女様は自由になった両手を閉じたり開いたりした。

「そういえば王女様の偽の旅券はどこにあるの? かばんにはしまっていなかったみたいだけど。服の中?」

「ええ。私のみさおが、山賊におかされない限り安全な場所ですわ」

 俺とミミは同時に吹き出した。要するに下着の中ということか!

「大事なものは大事なところに隠しました」

 ひとまず一番の貴重品が王女様のそばにあるというのは安心だ。

「アルも後ろを向いて。縄を解くから」

 ミミは俺の縄をゆっくり解いていく。

「やっぱりアルのはうんと固く縛っているわね。――はい、できた」
「ありがとう、ミミ」

 縄が解け、手首に血が通う。ビリビリと指先がしびれた。

「次は扉のじょうね」

 ミミは柵の間から手を出し、錠穴に触れた。

「細い棒きれがあれば壊せそうなんだけど」
「細い棒きれ?」

 俺と王女様、ミミの三人は床をくまなく探したが、枝一本落ちていなかった。

「私物は全部奪われちゃったし、どうすればいいかしら。ご飯が来たら、さじの柄でガチャガチャやろうかしら」
さじ一本で牢屋の錠を壊せるのかい、ミミ?」
「ええ。そういう教育を受けたからね」

 お妃教育に「縄抜なわぬけ・錠壊じょうこわし」が含まれているとは驚きだ。キャベンディッシュ夫妻の英才教育には恐れ入る。ミミが他に何を習ったのか、ちょっと気になる。

じょうは壊せそうだけど、牢を出たところで、脱出路が分からないのが問題ね」

「ところで、ここは何の建物の地下なのでしょう? 目隠しをされていたせいで分かりませんわ」

 王女様が肩を落としたその時。

「古い要塞ようさいよ」

 向かいの牢屋から、眠そうな女性の声が聞こえた。その人は大あくびをしながら、寝台に腰掛けたまま背伸びをする。あちらの牢はひときわ暗く、顔はよく見えないが、長い髪の女性だということだけは分かった。

「よく寝たぁ。新入りさんですか?」

 ――ん? どこかで聞き覚えのある声だ。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く