【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-1 ★ 困った時はお互い様

+++++++++++++++++

【第4章】は、アルが語り手です。

+++++++++++++++++

  旅に障害はつきものである。
 地図に従い、道を間違えることなく進んでいたが。

「通行止め?」

 休憩きゅうけいで立ち寄った村の水飲み場に、注意喚起の立て札が設けられていた。落石事故があり、道が完全にふさがれたという。

迂回路うかいろを探さないとな」
「この道がいいよ」

 地図を広げていると、商人らしき男が「こっちの道がマシだ」と教えてくれた。

 ――やれやれ、道があるだけ良かった。

「気をつけて行きなよ。迂回路うかいろはどれも安全とは言えないからねぇ」

 水飲み場にいた老婦が、連れていた山羊の頭をでながら肩を落とした。

「安全ではない、というと?」

 春先の嫌な出来事を思い出す。車軸にヒビが入り、足を奪われたことを。

「首都に近いのに、この辺は山ばかりだろう。最近、ぞくが出るらしいんだ。食料や金目の物を奪っていくそうだよ。西国も住みにくくなったもんだ。南のヴェルノーンと比べてうちは貧しい国だからねぇ。税金もまた増えるそうだよ」

「政治家と軍人の言うことには逆らえないよ。これならまだ王様がいた方がマシだったね」

 別の中年男が煙草たばこかしながらぼやく。

「結局は首相が王様みたいなもんじゃないか」

 若い男が忌々いまいましそうに吐き捨てた。

「口では良いことばかり言って、あいつら金にしか目がない」

 旅人や商人は溜め息ばかりを繰り返す。西国ザルフォークの最後の国王は、戦を泥沼化どろぬまかさせ、罪無き大衆の首をねた末にとがを受け、玉座を退しりぞいた。

 代わりに主権を握ったのは首相率いる与党と軍だ。西国ザルフォークは与党が議席の過半数を占め、野党が十分の一と大変少ない為、表向きは民主国家だが、その実態は独裁政権だと叩かれている。

「物価も上がる一方だし。山賊だの指名手配だのと、治安が悪くなっても仕方がないよ」
「もし移り住むとしたらヴェルノーンかねぇ」
「エデンはどうだい?」
「鉱山では常に人を求めていると聞いたが、命の危険と隣り合わせだ。鉱毒にやられちまう」
「じゃあ、モンスーンは?」
「寒い北国は御免ごめんだね」

 彼らの会話を聞く限りだと、南のヴェルノーン王国は案外人気があるようだ。農業、漁業、産業、どの職種においても若手の育成を国が援助している為だろう。これは先代国王が職人の育成制度の法を整えたおかげである。

 ――それでも貧困家庭は多く存在する。

 救貧院きゅうひんいんは建てられる度に定員を超過する。孤児を養育している施設は、資金繰りにいつも悩まされていると聞く。子どもに栄養のある食事を与えるために、国教会の主教たちが生産者や小売業者と掛け合い、食料の提供を求める為に動いている。

 ――チャールズはやることが山積みだな。

 国の貧困や、諸々もろもろの問題に直面する度に、腹違いの弟の顔が浮かぶ。

 ――チャールズに、解決できるのか?

 ヴェルノーン国王は制限君主せいげんくんしゅ。王の主権を法で制御されているがまつりごとへの参加を許されている。

 ――あいつはもっと外の世界を知るべきなんだ。チャールズが今のままでは、俺たちと和解しても何も解決しない。

 チャールズを支えて欲しいと陛下に頼まれた時に誓ったのだ。未来の王の力になる、と。

 ――ここに居合わせたのも運命だ。

 別の土地で、祖国に関する印象や評価を聞けるというのはありがたい。神様は俺にわざと聞かせているのかもしれない。国をよりよくするために。兄である俺の口からチャールズに諸国の見聞けんぶんを語り聞かせなければならないのだろう。

 水飲み場を離れ、通行止めとなった道をよけて、迂回路うかいろへ。やはりザルフォークの道は舗装が良くない。先程よりさらに乗り心地が悪くなった。

「あら、雨です」

 マーガレット王女様が馬車の外へ手を伸ばす。幌を張っているが窓が無いので、横風が吹くと雨粒が車内を濡らした。

「雨がだいぶ激しくなってきたわね」

 ミミが不安そうに呟いた。慎重しんちょうしながら、山道を進むことしばらく。道の先に大きな障害物を発見した。

 ――幌馬車だ。立ち往生か?

 車体がななめにかたむいたままで停まっている。前の車輪が泥に浸かってしまったようだ。老夫ろうふが後方から必死に荷台を押し出そうとしている。

「王女様、隠れて」

 俺は呼びかけ、彼女が麻袋の中に隠れたのを確認し、馬車を道脇に停めた。

「お困りのようですね」

 荷台を押し出そうとする老夫のそばに下りる。

「雨水と泥で埋もれていて、道の陥没かんぼつに気付かなかったんじゃよ」
「押し出すのを手伝います」
「助かるのぅ」

 老夫と俺は力をこめて車体を押した。はまった車輪が地上へ出る。馬だけが先へ進もうとしたので、俺は馬車の前方へ回ると、手綱で引き留めた。

「ありがとう。おかげさまじゃ」
「いえいえ、どういたしまして」

 老夫に手綱を手渡す。

「あの、これをどうぞお使いください」

 ミミが俺と老夫へ、拭くものを差し出した。

「お風邪を引いたら大変ですわ。そちらは差し上げます」
「お気遣い感謝じゃ。本当に助かりました。なんて御礼をすれば」
「困った時はお互い様ですわ」
「ありがとうございます」

 老夫が御者席に戻る。
 老夫のあとから俺も馬車を走らせた。もう少し速度を出したいが、路面が濡れている為、ここは慎重しんちょうに進むのが良いだろう。雨が小降りになり、遠くの空に晴れ間が見える頃。

 ――ん? 馬のひづめの音が聞こえるぞ。

 後方へ振り返る。雨煙の中を、馬にまたがりこちらへ全速力で駆ける集団が見えた。

 ――まさか山賊さんぞく

 村の水飲み場で「この辺りには最近、山賊が出る」と聞いたことを思い出した。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く