【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

3-3 ★ 事情聴取

 他の宿泊客が朝餉あさげを終えた後、私、アル、女将さん、王女様は屋根裏で遅めの食事をとることにした。

「女将様、ミミ様、司祭様。わたくしのせいでご迷惑をおかけして本当にすみません」

 マーガレット王女様は震えながら謝る。

「しかし妙な話だねぇ。どうして王女様が手配犯に? やはり王女様の旅券を偽造したという秘書と、身支度を調えた侍女が、よからぬくわだてを……でも、一体何のために?」

 女将おかみさんは腕組みし、首を右へ左へひねった。

「王室内部に容疑者がいると仮定して。他にもに落ちない点があるんですよ」
に落ちない点って?」

 私が聞き返すと、アルは新聞を指差した。

「王女様の捜索にエデン王家は一銭いっせんたりとも報奨金ほうしょうきんを出していない。ずっと不思議だったんだ」

「うちの王家は貧乏びんぼう守銭奴しゅせんどですからね。私の告発文で家族は相当怒っていることでしょうし。こんな放蕩娘ほうとうむすめ報奨金ほうしょうきんをかけないことは分かっていました」

 マーガレット王女は苦笑を浮かべた。

「それなのにビアンカ・シュタインに報奨金が出されたのはなぜだろう? 強盗殺人犯なら大陸中にありふれているのに、報奨金ほうしょうきんがくが異常だ。公的機関も、王家だってここまで出しませんよ」

 アルは報奨金の書かれた箇所を指し示した。

「アルの言う通り、確かに変だわ。王女様が偽名ぎめい出奔しゅっぽんしたと分かった王室が、手配書に報奨金ほうしょうきんをかけて探した方が効率が良いと考えた……とか? うーん、なんかもやもやするわ」

「俺もミミと同じことを考えたよ。〝マーガレット王女は、ビアンカ・シュタインの名で家出をした〟と情報を伝達すれば良いだけなのに、なぜこんなにひどい罪状ざいじょう付加ふかしたんだろう?」

 強盗殺人ごうとうさつじん恐喝きょうかつ、万引き。罪状にまとまりが無いのが引っかかる。でも捕まったら即縛り首に処されてしまうわ。

「きな臭いな。報奨金の出資者が怪しい。王家でないとしたら、ここまでして王女様を大罪人に仕立て上げたいのは誰だ?」

「ビアンカという別人で王女様が出奔しゅっぽんしたのを良いことに、まるで……」

 王女様の前で口にするのがはばかられたので言葉を呑む。

 ――王女様を大罪人に仕立て上げ、彼女を抹消まっしょうしようと誰かが画策している? アルはそう考えているんだわ。

「王女様を目のかたきにする人間が……いたんじゃないかしら?」
てきなど多すぎて、分かりませんわ」

 マーガレット王女様は眉をひそめた。

「王女様。貴女あなたが手配犯ではなく、王女様だと証明できれば、誤解も解けるよ」

 女将おかみさんが王女様をはげました。

「アルフレッド司祭様は、王様の息子なんだろう? 新聞で読んだよ」

「はい。俺は婚外子ではありますがね」

「婚外子だろうとなんだろうと、同じ王族なら助けてやりなよ。貴方あなたがマーガレット王女様の身元を保証すれば、大きな後ろ盾になるんじゃないかい?」

 アルフレッドはしばらく沈黙し、うなった。

「何か嫌な予感がする。王女様が自ら名乗り出ることもわなのような気もして……俺の杞憂きゆうなら良いけど」

 王女様は「わな?」と肩をブルブル震わせた。

「とりあえず俺が今から警察署に行って〝王女様らしき人物を発見した〟と届け出をしてみます。その間、女将さんとミミは、王女様のそばにいて欲しいんだ」

「分かったわ。アル、気をつけて」

「うん、行ってきます」

 私たちは宿の屋根裏で、アルの帰りを待った。心配した女将おかみさんが私たちへ温かいお茶とお菓子を出してくれた。しっとりと静かなお茶会が始まり、またたく間にチクタクと時が過ぎていく。今日はいつもより時間の流れが早く感じる。

「司祭様の帰り、遅いですわね……」
「本当に。なんだか……心配になってきたわ」

 私は屋根裏を出ると、一階にいた女将おかみさんに「ちょっと出てきてもいいかしら?」とささやいた。

「司祭様の帰りが遅いんで心配なんだろう? あの子のことは私に任せて。警察署の行き方は分かるかい?」

 女将おかみさんは地図を出し、私に道順を教えてくれた。

「ご親切にどうもありがとうございます。行ってきます」

 私は宿を飛び出すと、教えられた道順に従って警察署へ向かった。石造りの建物は、アンダンテの礼拝堂よりも一回り大きい。私は警察署の玄関をくぐり、アルの姿を探した。待合室にはいないので、受付へ向かう。

「すみません、こちらに来たおっとを探しているのですが。アルフレッド・リンドバーグという……」
「ああ、リンドバーグ司祭様でございますね。とすると、貴女あなたうわさのミミ様?」
「はい。妻の、ミミ・リンドバーグです」
「ご主人でしたら、二階の応接室ですよ。ご案内致しましょう」

 受付の人は机を出ると、私を二階へうながした。

「こちらでございます」

 受付の人がコンコンッと扉を鳴らす。

「ミミ・リンドバーグ様がおみえでございます。ご主人とお会いしたいと」
「通してください」

 部屋に入ると、鈍色にびいろの机を前に、難しい顔で座るおっとアルフレッドがいた。

「アルフレッド!」
「ミミ! どうしてここに……」
「心配で来たの。これは一体どういうこと?」

 アルの向かいに座る警察官二名を見据えた。
 白髪の男性と、薄い茶髪の青年だ。この青年は今朝、宿にやってきて、私たちへ皮肉を吐いた者だ。

「奥様、今朝は災難でございましたね。私は署長のマクファーレンでございます」

 白髪の男性警官は席を立ち挨拶すると、隣の青年警官へ視線をくべた。

「こちらにいるスミス巡査より、今朝の事情はうかがっております」
「カナン・スミスでございます。今朝はご迷惑をおかけ致しました」

 スミス巡査は一礼した。

「奥様、ご主人の隣に、どうぞおかけください」

 マクファーレン署長に促され、私はアルフレッドの隣の空席に「失礼します」と腰掛けた。

「今、ご主人と話していたところでございます。いや驚きましたよ。ぜひ奥様からも詳しい事情をうかがいたいのです。ビアンカ・シュタインの件で」

 マクファーレン署長の突き刺すような視線に射竦いすくめられた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く